【ニューヨーク不動産最前線】
アパートのアメニティ

アパートビルのオーナーは、テナントを引きつけるためにあらゆるアメニティを建物内に揃えてきました。フィットネスジムやプールはもちろんのこと、ゴルフコースのシミュレーター付き練習場やフルサイズのバスケットボールコート、スカッシュコート、ボルダリング練習場等のアスレチック系、さらにシアタールームや図書室、屋上ラウンジやバーベキューエリア。ある意味アメニティのバブル状態です。特に駅から遠いビルや立地の良くないビルほど、このようなアメニティは充実していました。

しかし、このようなアメニティ施設はCOVID19が始まって以降閉鎖されています。ほとんどのビルでまだ再開されていないか、再開しているところでも利用者の人数制限をしています。そこで代わりにオーナーが取り入れ始めたのが、オンサイトのヘルスケアサービスです。

ビルオーナーが民間のヘルスケア産業(Sollis)とコラボして、テナントにヘルスケアサービスを提供するというものです。閉鎖しているテナント専用ラウンジやジムのスペースを使って、COVID19の抗体検査を始めているところがあります。少なくとも週1で看護師がビルにやって来て、検査をしてくれます。基本的にアポイント制ですが、ウォークインでも大丈夫で、なんと結果は24時間以内に分かります。この検査はテナントでいる限り何度でも受けられます。

実は私もレンタルビルが医療機関とのコラボを始めたということで、具体的に何をやるのか少し調べてみました。それで今回初めて知ったのですが、Sollisというのは独立系の会員制総合病院のようなところで、2016年にニューヨークでサービスを始めた会員制プライベート医療機関のようです。年会費が3000〜5000ドルかかりますが、24/7でサービスを受けられ、あらゆる分野の診察をカバーしており、待ち時間や別途アポイントを取る必要もなくその場でレントゲンやMRIといった検査まで受けられるようです。ERよりも早く的確な処置を受けられるというのが謳い文句のようです(参照:https://sollishealth.com/)。

話が逸れましたが、とにかくこの高額な年会費をビルがカバーしてくれるというので、アメニティとしては価値があるのではないでしょうか(注:実際の治療費はテナント負担。テナントが各自加入している保険は適用されます)。今後、このようなサービスを取り入れるビルが増えるのか、それともコロナ禍が終息するにしたがって消えていくアメニティなのか分かりませんが、バブリーな施設に代わるニューヨークの賃貸業界の新しいトレンドになるかもしれません。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

柏原知子 (Tomoko Kashihara)

柏原知子 (Tomoko Kashihara)

ライタープロフィール

大阪女子大学(現:大阪府立大学)卒業後、CBRE Japan(現)に入社。東京で外資系企業のオフィス移転担当ブローカーとして働いた後、ニューヨーク勤務に。1999年より住友不動産販売NYで住宅ブローカーとして活躍。趣味は旅行とトレッキング。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る