ドロップボックスの利用者情報が闇サイトに 〜5GB分、価格は2ビットコイン

 クラウド・ストレージ・サービス大手ドロップボックス(Dropbox)の利用者6800万人以上のログイン情報が闇市場で売りに出されていることが判明した。
 
 ワシントン・ポストによると、販売されているのは、利用者の電子メール住所や暗号化された認証語を含む約5GB分のデータで、近年の利用者認証情報流出では最大規模。
 
 ドロップボックスは2012年にサイバー攻撃を受けて利用者情報が盗まれたが、被害の全貌が分かったのは約10日前のことで、同社は、利用者名と認証語の変更を利用者たちに呼びかけている。
 
 利用者情報をオンライン密売するザリアルディール(TheRealDeal)という闇市場では、ドロップボックス利用者データの価格が密売人によって2ビットコイン(約1141ドル)と設定されている。売れたという報告はまだない。
 
 ドロップボックスから盗まれた認証語は、セキュリティー技術のソルトが使われハッシュで保存されていたことから、ハッカーによる解読は非常に難しい。認証語が解読された形跡はまだない。
 
 サイバーセキュリティー専門家でハッカーのブライアン・シーリー氏によると、闇市場での売り値は、盗まれた情報の価値を反映する。解読された情報は利用価値が高くなることから高値で売り出される。今回の2ビットコインという売り値は安いことから、ドロップボックスの利用者認証語は解読されていない状態だと推測できる。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-2-2

    第22回 「ちょっと足を伸ばせば」

    頂上から滝壺まで歩いていける オレゴン一の高さマルトノマ滝  サスティナブルで、グリ...
  2. 2015-5-20

    裏ななつ星紀行~高野山編 第一話

     子どものころには、家の近所でもしばしばお遍路さんの姿を見かけた。いまでもおぼえているのは年...
  3. 2017-1-6

    第99回 愛情の定義

     「愛犬を愛していますか?」という問いかけに、NOという飼い主はいないと思います。きっと誰も...
  4. 2017-3-1

    第46回 黙って読む教科書

     数カ月の間に二人の親しい知人をあの世に見送った。庭に生息する小さな虫さえ動かなくな...
  5. 2016-10-2

    第45回 日本のワイン品評会を評価する

     今年も8月に開催された『 ジャパン・ワイン・チャレンジ(JWC)』に招待され、審査員を務め...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る