X世代、週7時間スマホ使用〜Y世代よりメディア好き

 スマートフォンなどのデジタル機器に熱中するのは若い世代ほど多いと考えられがちだが、ニールセンの最新調査では、Y世代(現在18〜34歳)よりもその上のX世代(35〜49歳)の方がデジタル機器でソーシャル・メディアを見ている時間が長いという結果が出た。
 
 ブルームバーグ通信によると、ニールセンが2016年7〜9月期、全米のスマートフォン利用者9000人とタブレット端末利用者1300人の1週当たりのソーシャル・メディア消費時間を調べたところ、X世代が平均6時間58分と最も長かった。Y世代はそれより39分少なく、ベビーブーマー世代を含む50歳以上は約4時間にとどまった。
 
 X世代はその他のメディアも合わせた総合メディア消費時間も最長で、32時間近くに上った。Y世代は約27時間、50歳以上は20時間だった。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-11-1

    高品質、高機能、環境対応型のコンセプト提示 キャッチは“You’ll be Back”

    前倒しで米国進出した経緯は? 日本にて一番のホテルチェーンに認識されるまでになったら、いずれ海...
  2. 2016-9-2

    第165回 ポケモンGO

     今巷で大人気の、ポケモンGOというスマートフォン(以下スマホ)用ゲーム、私は正直それ程興味...
  3. 2018-3-6

    第58回 待っているものがある

     テクノロジーの発展で、人々の働き方も生活の仕方も激変している。買い物は自宅のPCからアマゾ...
  4. 2017-9-1

    第7回 「製粉の街と医療の街」 ミネソタ州

    店舗数全米一のモール 中にはローラーコースター!? 広いアメリカ、まだ知られていない旅先を紹...
  5. 2013-8-20

    シリーズ世界へ! YOLO⑫ 行っちゃいました! 夢の南極 (Antarctica) 〜前編

    Day 1 ︱ 6 December 2012 記録時間1930hrs 緯...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る