X世代、週7時間スマホ使用〜Y世代よりメディア好き

 スマートフォンなどのデジタル機器に熱中するのは若い世代ほど多いと考えられがちだが、ニールセンの最新調査では、Y世代(現在18〜34歳)よりもその上のX世代(35〜49歳)の方がデジタル機器でソーシャル・メディアを見ている時間が長いという結果が出た。
 
 ブルームバーグ通信によると、ニールセンが2016年7〜9月期、全米のスマートフォン利用者9000人とタブレット端末利用者1300人の1週当たりのソーシャル・メディア消費時間を調べたところ、X世代が平均6時間58分と最も長かった。Y世代はそれより39分少なく、ベビーブーマー世代を含む50歳以上は約4時間にとどまった。
 
 X世代はその他のメディアも合わせた総合メディア消費時間も最長で、32時間近くに上った。Y世代は約27時間、50歳以上は20時間だった。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-10-1

    心の病 相談室

    Q.1 在米日本人が発症するうつ病は、どのような経緯で陥るケースが多いのでしょうか?A....
  2. 2017-4-2

    アメリカン航空で飛び、 OnlyOneTravelで巡る 今、キューバが熱い!

    DAY 1 首都ハバナに到着  アメリカン航空での空の旅からスタート。今回は...
  3. 2016-11-1

    第50回 大学進学にはボランティア

    ニナが高校に入学して1カ月。私は彼女に「ボランティア活動のクラブに入って」とリクエストした。...
  4. 2017-3-4

    第148回 レンタカーを借りる時の保険

     旅行や商用でレンタカーを借りる機会があると思いますが、保険はどうしていますか? 自分の自動車保険が...
  5. 2017-10-2

    第8回 「サンフランシスコから足を延ばして」 カリフォルニア州

    樹齢1000年の巨木が立つ 森を蒸気機関車で 広いアメリカ、まだ知られていない旅先を紹介して...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る