亡き息子の思い出 vs プライバシー保護 〜アップル、遺族のアイパッド解除要請を拒否

 故人の遺志や思い出をアイパッド(iPad)から取り出そうと、遺族がアイパッドの解錠をアップル(Apple)に依頼したところ、アップルはそれを拒否したというニュースが静かに注目されている。
 
 英国のノース・ヨークシャー州で暮らしていたリーアム・ライトさんは、悪性骨肉腫が原因で2016年12月7日に亡くなった。病気がわかったときには手遅れの病状だった。18歳だった。
 
 ガゼット紙によると、リーアムさんは、母に買ってもらったアイパッドに、葬式に関する遺志を残していた。そのことは母や姉も知っていたが、内容を詳しく話すことはなかったという。
 
 母のジェーンさんは、息子の遺志をくみ取り息子の希望する葬式を行うために、リーアムさんのアイパッドを開こうとしたが、認証語がわからなかった。
 
 ジェーンさんはアップルに解錠を要請したが、不正行為によるプライバシー侵害の恐れがあるという考えやデータ保護規定の観点から、アップルは、死亡診断書と弁護士の裏書きが必要だと説明した。
 
 弁護士からの書簡作成には120ポンドがかかった。裁判所命令の取得には360ポンドがかかる。
 
 姉のケリーさんは、死亡証明書だけでリーアムさんの銀行口座も閉鎖できたと話し、アップルの対応が「バカバカしい」と憤りをあらわにした。ジェーンさんは、亡き息子の遺志や写真、動画を取り出したいだけなのに、と悔しさと悲しさに襲われている。
 
 【http://www.gazettelive.co.uk/news/teesside-news/family-teenage-cancer-victim-plea-12794253】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-5-1

    乳幼児玩具の業界で グローバルリーダーを目指す

    ピープルとの関わり 私が最初に知育玩具で知られるピープルのことを知ったのは、父の会社であるVa...
  2. 2017-6-2

    焼酎の時代の波に乗り遅れるな 「銀座のすずめ」でブランド確立

    六代目 大分県九重町の蔵元、八鹿酒造の六代目です。高校時代は剣道に明け暮れ、先...
  3. 2017-2-3

    アロマで空間をデザイン 将来は宇宙ステーションにも香りを

    ナチュラルにこだわる  私たちの仕事はアロマスペースデザインです。アロマで空間をデザイ...
  4. 2016-10-1

    「夢はたくさんあり過ぎて どれかひとつは選べない」

     この原稿を書いている時点では、まだ発表されていない2016年のエミー賞。テレビ界のアカデミ...
  5. 2016-11-5

    第167回 洗脳 VSメディア・リテラシー②

    前回、この12年間でアメリカのメディアで一番視聴されているFox Newsは、CNN とMS...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る