亡き息子の思い出 vs プライバシー保護 〜アップル、遺族のアイパッド解除要請を拒否

 故人の遺志や思い出をアイパッド(iPad)から取り出そうと、遺族がアイパッドの解錠をアップル(Apple)に依頼したところ、アップルはそれを拒否したというニュースが静かに注目されている。
 
 英国のノース・ヨークシャー州で暮らしていたリーアム・ライトさんは、悪性骨肉腫が原因で2016年12月7日に亡くなった。病気がわかったときには手遅れの病状だった。18歳だった。
 
 ガゼット紙によると、リーアムさんは、母に買ってもらったアイパッドに、葬式に関する遺志を残していた。そのことは母や姉も知っていたが、内容を詳しく話すことはなかったという。
 
 母のジェーンさんは、息子の遺志をくみ取り息子の希望する葬式を行うために、リーアムさんのアイパッドを開こうとしたが、認証語がわからなかった。
 
 ジェーンさんはアップルに解錠を要請したが、不正行為によるプライバシー侵害の恐れがあるという考えやデータ保護規定の観点から、アップルは、死亡診断書と弁護士の裏書きが必要だと説明した。
 
 弁護士からの書簡作成には120ポンドがかかった。裁判所命令の取得には360ポンドがかかる。
 
 姉のケリーさんは、死亡証明書だけでリーアムさんの銀行口座も閉鎖できたと話し、アップルの対応が「バカバカしい」と憤りをあらわにした。ジェーンさんは、亡き息子の遺志や写真、動画を取り出したいだけなのに、と悔しさと悲しさに襲われている。
 
 【http://www.gazettelive.co.uk/news/teesside-news/family-teenage-cancer-victim-plea-12794253】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-2-2

    「アメリカには夢が転がっている。 つかめれば次につながる」

    20年後の自分に宛てた手紙  世界各地で「タイム・アフター・タイム・カプセル・アートプ...
  2. 2017-3-3

    これぞアメリカ?! 「The Founder」

    誰もが知ってるファーストフードの店マクドナルド。しかし、フランチャイズ化を成功させたのは、創...
  3. 2016-11-2

    Beauty Special 2016 Fall こだわり美容アイテム

    SHISEIDO 資生堂が、Bio-Performanceからの2つの商品を含む2016年秋の新作...
  4. 2017-6-1

    第53回 ワインは「科学」か「芸術」か?

    ワインを生業(なりわい)とする人にとって、この質問は根源的なものだろう。ブドウ栽培者やワイン...
  5. 2017-2-2

    第22回 「ちょっと足を伸ばせば」

    頂上から滝壺まで歩いていける オレゴン一の高さマルトノマ滝  サスティナブルで、グリ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る