アップル、送金サービスに進出へ 〜アイメッセージ内に構築、ヴェンモらに挑戦

 アップル(Apple)は5日、ヴェンモ(Venmo)らに挑戦するモバイル送金サービスを発表した。
 
 同サービスは、同社が5日にサンノゼで開幕させた毎年恒例の開発者会議WWDC(World Wide Developers Conference)で明らかにされたおもな新製品(サービスや機能、新型機種)の一つ。
 
 同機能は、iOSのテキスト・メッセージング機能を使って送金できるようにする。リコード誌によると、米国内を対象に提供される同サービスは、アップルが2017年秋に投入するiOS 11のアイメッセージ(iMessage)内に自動的に表示される。利用者は、従来のテキスト・メッセージング機能を使うのとほぼ同じような使い方で少額を簡単にやり取りできる。
 
 送受信される金額は、利用者らがアップルにあらかじめ登録したクレジット・カードやデビット・カードの口座に反映される。
 
 受け取った金額は、アップル・ペイでの支払いに使うこともできれば、自分の銀行口座に入金することもできる。
 
 モバイル送金サービス市場には現在、ヴェンモやスクエア・キャッシュ(Square Cash)、チェイス・クイックペイ(Chase QuickPay)、ペイパル(PayPal)といった主要サービス業者がある。
 
 アップルの送金サービスは、アイフォーンやアイパッド、アップル・ウォッチの利用者に限定される。
 
 【https://www.recode.net/2017/6/5/15741636/apple-pay-p2p-venmo-competitor-apple-pay-cash-money-transfer】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-11-2

    第97回 The Sato Project

     The Sato Projectというアニマル・レスキュー団体で、日々情熱を注ぎ活...
  2. 2015-12-7

    アメリカ エネルギーロードを往く テキサス編

    ミッドランドへ    旅の出発地、テキサス州ミッドランドへ向かう。アメリカでは19...
  3. 2017-1-4

    第21回 「オトナの遊び心」

    昼は子供中心の場所で 夜はオトナが科学する  OMSI(オレゴン科学産業館)には、科学を...
  4. 2017-8-2

    第59回 9歳の壁と日本語幼稚園

     小学校では3年生から4年生、年齢にすると9歳くらいから急に学習内容が難しくなると言われる。...
  5. 2017-2-1

    MUJIの商品で社会に役立ち 生活を快適にするお手伝いを

    NY旗艦店の手応え  五番街にあるニューヨークの旗艦店はおかげさまで非常に好調ですね。...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る