ベーコン人気で豚バラ肉高騰〜冷凍在庫は60年ぶり最低に

 全米でベーコンの需要が高まり、材料の豚バラ肉(pork belly)価格が2017年に入って80%近く上昇している。業務用の冷凍在庫は過去60年で最低の水準に落ち込んでいる。
 
 ウォールストリート・ジャーナルによると、ニールセンのデータでは、消費者の16年のベーコン購入量はに13年比で約14%増加した。かつてはポークチョップやテンダーロインといった部位よりも不健康な副産物と見られたこともあるベーコンだが、近年は全般に脂肪分の多い肉が受け入れられる中で「後ろめたい楽しみ」を与えてくれる食品の1つになり、この10年はBLTサンドや朝食メニュー以外にも広く使われるようになった。
 
 17年は特にそれが加速しており、ファストフード店アービーズは6月、一連の「肉厚3倍(triple thick)ベーコン・サンドイッチ」を発売。ニューヨーク・ブルックリンのランドハウス(Landhaus)はメイプルベーコンの串焼きを出しており、全米でベーコンがテーマの夏祭りも開かれている。
 
 一般的に牛肉やベーコンの需要は、5月末のメモリアル・デイや7月4日の独立記念日を前に上昇する。17年も牛肉の卸価格は例年通りの変動を見せ、6月半ばに最高値をつけた後は低下に転じた。しかし、ベーコンは年間通じた常備食品となっており、高まり続ける需要が卸業者を圧迫している。
 
 アーチャー・フィナンシャル・サービシズのコモディティ・ブローカーによると、小売店は生産増と価格の低下を待って必要な量だけ購入しているという。養豚業者は需要に対応するのに苦慮しており、農務省によると、全米の豚の数は6月初めに前年同期比3%増の7170万頭とこの季節では過去最高を記録したが、それでもベーコン需要は満たせていない。5月は豚バラ肉の商業用冷凍在庫は前年同月比59%減の3160万ポンドまで落ち込み、農務省が1950年代に記録を取り始めて以来の低水準となった。
 
 これに伴い、豚バラ肉の卸価格は7月第2週にポンド=2.10ドルまで上昇した。これは農務省が13年に市場の定期調査を始めて以来の高値で、アナリストによると、それ以前に自主報告されていた数字と比べても最高記録だという。
 
 一部の小売店やレストランは通常、高値の時はベーコンをより薄く切る、ソーセージなどの代用品を売り込むといった形で対応している。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-1-1

    新春スペシャル 旅行のプロに聞く 南北アメリカの絶景スポット

    Canada オーロラベルト直下イエローナイフ 幻想的なスペクタクルショー  オー...
  2. 2017-4-2

    第102回 犬ビジネス

     昨秋、生まれて初めてひどい腰痛を患いました。大型犬の飼い主としては致命傷。完治するまでの間...
  3. 2017-4-4

    第55回 日本の学生生活

     2月の2週間、日本に一時帰国した。目的は長男ノアが日本で通う学校の保護者向け就職説明会に参...
  4. 2016-10-5

    スコット・イーストウッド 親の七光りをしたたかに使って チャンスを掴む

     スコット・イーストウッドの存在を初めて知ったのは、2013年の映画「Texas Chain...
  5. 2016-6-30

    シリーズアメリカ再発見㊷ 夏も砂漠で遊べ! パームスプリングス

     南カリフォルニアのパームスプリングスが一番にぎわうのは、避寒客が殺到する冬だ。でも「...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る