AVメーカーら、独自の自動車保険業を展開か 〜データ蓄積と低価格を武器に

 自動運転車(AV=autonomous vehicle)が社会におよぼすさまざまの影響に関する考察が盛んになっている。影響を受ける業界の一つとして自動車保険も挙げられており、2590億ドル市場と言われる米自動車保険業界の激変が確実視される。
 
 フォーブス誌によると、AVメーカーらは、自動車保険事業に乗り出す可能性がきわめて濃厚とみられ、AV向けに最適化された新型の保険事業をみずから立ち上げるだろうと予想される。
 
 既存の自動車保険会社にとって、AVは未知の世界であり統計データがまったくない。そのため、保険会社は利益を確保するために保険料を高く設定すると思われる。それに対してAVメーカーらは、AVに関する各種のデータを蓄積し、事故の内容や原因、責任の所在に関するデータを分析することで、保険業務に不可欠の統計学的数値の精度を大幅に上げることができる。保険料の設定や保険内容の策定にはそういった数値が欠かせない。
 
 しかも、AVメーカーらは保険をみずから提供することで、自動車購入につきまとう保険業者との面倒な手続きを省き、簡便性を消費者に提供できるようになり、その結果、車と保険の抱き合わせ販売で購入を刺激できる。
 
 また、保険業務では一般に、博士号または修士号を持つ数理学者らによる非常に複雑な公式と計算式によって保険内容と保険料が算出されてきたが、AVメーカーらによるAV対象の保険ではそれが劇的に単純化される。従来型保険では、被保険者の年齢や運転歴、事故歴、居住地域、車種、車体の色といった種々の要素が加味されて算出される。それに対しAVの場合、自動運転のハードウェ アとソフトウェアだけがおもな要因となる。しかも、それらに関する性能やデータはAVメーカー自身が把握している。したがって、保険料を引き下げることが可能になる。さらに、保険料は、車載されるハードウェアとソフトウェアの性能によって決定されるため、AVメーカーらは、それらを頻繁に更新することで保険料をさらに引き下げることも可能だ。その結果、従来型保険業者より競争力のある保険サービスを提供できるようになるとみられる。
 
 【https://www.forbes.com/sites/forbestechcouncil/2018/07/02/prediction-self-driving-car-manufacturers-will-own-the-car-insurance-business/#173e08387f3c】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2018-5-2

    CPTとOPT (アメリカの学生のための 労働許可)の違いとは? PART 2

    前回に続き、今回はOPTについての説明と、CPTとの違いをご紹介します。学生ビザ(F1ビザ)...
  2. 2018-1-2

    第169回 「フェイクニュース」について1

    明けましておめでとうございます。昨年は、「フェイクニュース」という言葉をよく耳にされた方も多...
  3. 2017-4-2

    米国での日本食の在り方は 今後10年でさらに変わる

    金融から食の世界へ  西本Wismettacグループに参画し、今年で7年目となります。...
  4. 2017-4-2

    第102回 犬ビジネス

     昨秋、生まれて初めてひどい腰痛を患いました。大型犬の飼い主としては致命傷。完治するまでの間...
  5. 2016-9-3

    シリーズアメリカ再発見㊻ Healdsburg  花と紅葉のソノマ紀行

     ソノマといえば、ナパと並んで、北カリフォルニアのワインカントリーの雄。オークランドに5年住...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る