制裁関税の影響を抑えるため中国製以外の美容品納入を〜ウォルマートが業者に要請

小売り大手ウォルマートは、トランプ政権が進める中国製品への制裁関税の影響を最小限に食い止める方法を模索しており、これまでに一部の美容品サプライヤーに対し、中国製以外の商品調達を検討するよう求めた。

ロイター通信によると、同社は8月7日付で関連サプライヤーに送付した電子メールで「中国以外の国に生産施設を持っているか」「持っていない場合は新しく作って調達力を強化するつもりはないか」を尋ねた。

関税の対象となる中国製品の最新リストには、シャンプー、口紅、化粧品など多くの美容品が含まれている。

ウォルマートのブレット・ビッグ最高財務責任者(CFO)は最新四半期の決算報告で、関税の影響の可能性を数値化することは難しく、同社にできる影響緩和策の1つはサプライヤーの仕入れに関する計画と選択肢を理解することだと説明しながら「関税の議論を注視し、強化の可能性を考慮して積極的に緩和策に取り組んでいる」と話していた。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-8-2

    第51回 茶色の丘

     若さはいい。恐れを知らない。少々のことは乗り切れることを無意識の内に知っている。無意識の反...
  2. 2017-4-3

    身体をほぐして痛みをなくす 天城流湯治法

     普段から首の痛みが酷い。毎日、パソコンに向かってタイプし続けているせいだと思うが、そのうち...
  3. 2017-4-4

    第55回 日本の学生生活

     2月の2週間、日本に一時帰国した。目的は長男ノアが日本で通う学校の保護者向け就職説明会に参...
  4. 2017-12-1

    無駄の大資源国、日本

    今回は日本企業の人事にまとわる無駄について考えてみた。 その昔(もう40年前の話)、あ...
  5. 2015-7-20

    冷やし中華 冷しゃぶサラダ

     暑い日に食べたい冷やし中華。いつもの定番の冷やし中華を少しアレンジして、トマトと大葉の香りが食欲を...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る