制裁関税の影響を抑えるため中国製以外の美容品納入を〜ウォルマートが業者に要請

小売り大手ウォルマートは、トランプ政権が進める中国製品への制裁関税の影響を最小限に食い止める方法を模索しており、これまでに一部の美容品サプライヤーに対し、中国製以外の商品調達を検討するよう求めた。

ロイター通信によると、同社は8月7日付で関連サプライヤーに送付した電子メールで「中国以外の国に生産施設を持っているか」「持っていない場合は新しく作って調達力を強化するつもりはないか」を尋ねた。

関税の対象となる中国製品の最新リストには、シャンプー、口紅、化粧品など多くの美容品が含まれている。

ウォルマートのブレット・ビッグ最高財務責任者(CFO)は最新四半期の決算報告で、関税の影響の可能性を数値化することは難しく、同社にできる影響緩和策の1つはサプライヤーの仕入れに関する計画と選択肢を理解することだと説明しながら「関税の議論を注視し、強化の可能性を考慮して積極的に緩和策に取り組んでいる」と話していた。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2018-3-2

    移民が注意するべき「司法取引」

     アメリカの刑事裁判には、司法取引という制度があります。よく映画などで見られる「罪を認めるなら罰...
  2. 2017-4-4

    第55回 日本の学生生活

     2月の2週間、日本に一時帰国した。目的は長男ノアが日本で通う学校の保護者向け就職説明会に参...
  3. 2017-1-2

    睡眠の質を追求するマットレス ベッド文化のアメリカで勝負賭ける

    なぜ、ニューヨークに1号店?  日本は寝具に関しては布団とベッドと両方がありますが、...
  4. 2016-9-4

    第40回 ロールモデル

    8年前の11月4日、珍しい雨の朝、私は近所の家の車庫に設置された投票所に行った。初めて手にした選挙権...
  5. 2017-10-1

    グループ全体のビジネスコンテンツを 日系企業のグローバリゼーションの共通インフラに

    人事・総務関連業務のアウトソーサー リログループは1967年創業、人事・総...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る