英ダイソン、シンガポールでEV製造へ

高級掃除機で知られる英家電メーカーのダイソン(Dyson)は、同社独自のEVをシンガポールで製造すると発表した。アジアの顧客と部品の供給チェーン、優秀な労働力に近いことを理由に挙げている。

ロイター通信によると、ダイソンは2階建ての工場を2020年までに建設し、その1年後には生産を開始する。既にシンガポールで1100人前後を雇用し、年間2100万個のデジタル電動モーターを製造している。

創業者のジェイムズ・ダイソン氏(71)は、16年の英国民投票でEUからの離脱を支持したことでも知られる。ダイソンはアジアでヘアドライヤー、空気浄化システム、羽なし扇風機などを製造しているが、研究開発(R&D)部門は英国にとどめている。

ダイソンは17年、R&D部門が2年以上にわたってひそかにEVの開発を進めており、総事業費は26億ドルに上ることを明らかにした。ダイソン氏は当時、同社の車がほかとは違うものになり「決して安くはならない」と語ったが、デザインはまだ発表されていない。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-4-2

    アメリカン航空で飛び、 OnlyOneTravelで巡る 今、キューバが熱い!

    DAY 1 首都ハバナに到着  アメリカン航空での空の旅からスタート。今回は...
  2. 2016-10-3

    第49回 兄と妹のレジストレーション

     8月22日、ニナが秋から通うハイスクールのレジストレーションが終了した。レジストレーション...
  3. 2016-11-1

    仕掛け人に聞く 日本の食ニューウェーブ

    穀物 Hakubaku 健康で豊かな食生活実現に貢献したい  日本国...
  4. 2018-2-5

    短期集中連載 第1回 ポジティブ皮膚科学のススメ 顔のしわ

    今回、3回にわたり、皮膚科領域の国際的な論文の話を織り交ぜながら、皮膚科学の最新情報を読者の...
  5. 2017-3-3

    これぞアメリカ?! 「The Founder」

    誰もが知ってるファーストフードの店マクドナルド。しかし、フランチャイズ化を成功させたのは、創...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る