英ダイソン、シンガポールでEV製造へ

高級掃除機で知られる英家電メーカーのダイソン(Dyson)は、同社独自のEVをシンガポールで製造すると発表した。アジアの顧客と部品の供給チェーン、優秀な労働力に近いことを理由に挙げている。

ロイター通信によると、ダイソンは2階建ての工場を2020年までに建設し、その1年後には生産を開始する。既にシンガポールで1100人前後を雇用し、年間2100万個のデジタル電動モーターを製造している。

創業者のジェイムズ・ダイソン氏(71)は、16年の英国民投票でEUからの離脱を支持したことでも知られる。ダイソンはアジアでヘアドライヤー、空気浄化システム、羽なし扇風機などを製造しているが、研究開発(R&D)部門は英国にとどめている。

ダイソンは17年、R&D部門が2年以上にわたってひそかにEVの開発を進めており、総事業費は26億ドルに上ることを明らかにした。ダイソン氏は当時、同社の車がほかとは違うものになり「決して安くはならない」と語ったが、デザインはまだ発表されていない。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-10-1

    スキルアップ&キャリアップ 生涯学習スクールガイド

    翻訳に携わる 履修科目: 翻訳(大学院プログラム、科目単位履修) スクール:Babe...
  2. 2017-9-4

    鮭のちゃんちゃん焼き うどんdeみたらし団子

    まだ暑い9月ですが、一足先に秋のメニューをご紹介します。主菜には、北海道の郷土料理、ちゃんちゃん焼き...
  3. 2018-6-2

    条件付き永住権の取得

    今回のコラムでは“条件付き”の永住権についてお話しします。米国市民権保持者との結婚によりグリ...
  4. 2016-10-2

    第166回 洗脳 VSメディア・リテラシー①

     アメリカのトップ1%(実質的には0.1%)による富の支配が騒がれるようになってから、随分経...
  5. 2017-7-2

    アルツハイマーを知る

    診断と治療の問題点 認知症とは何か? 生後に正常に発達した諸々の精神機能が慢性的に減退すること...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る