FAA、ドローン宅配を初認可 ~ アルファベット傘下ウィング

連邦航空局(FAA)は23日、アルファベット傘下のウィング・アビエイション (Wing Aviation、テキサス州拠点)にドローンを使った宅配サービスを年内にバージニア州で開始する認可を与えた。

航空事業者としてドローンによる商業輸送を認められたのは同社が初めて。

ロイター通信によると、ウィングは同州ブラックスバーグで、地元企業などから住宅に向けた商品の宅配サービスを年内に始める予定。同社は運輸省の無人航空機システム統合パイロットプログラムを通じて、バージニア工科大学および同校の無人航空機試験場「ミッドアトランティック航空パートナーシップ」と提携している。

FAA認証は2年間有効。パイロット1人が一度に最大5機のドローンを操作できるが、危険物を運んだり、人の上空で静止することはできない。

FAAは、ウィングが幅広いデータと書類、そしてオーストラリアで行った何千回もの飛行実験によって当局の安全基準を満たしていることを証明したと説明した。 ウィングは、食料品宅配の試験を始める前に地域住民の意見を聞き、営業に役立てる方針だという。

ウィングは最近、オーストラリアのキャンベラ北部でドローンによる宅配サービスを開始した。欧州でも、フィンランドのヘルシンキで宅配の試験飛行を始める予定。

同社によると、無人機を使った配達が歩行者に危害を及ぼすリスクは、車で行う場合より低いことがデータで示されたという。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2018-12-7

    大人のたしなみ 日本酒のススメ

    日本酒とは 日本酒は「米、米麹、水を原料として発酵させてこしたもの」で、かつ「アルコール度...
  2. 2017-6-3

    デイヴ・バウティスタ 「俺は寿司ジャンキー」?!

     プロレスラーから俳優に転身したデイヴ・バウティスタ。ザ・ロックことドウェイン・ジョ...
  3. 2019-1-22

    「がんの見落とし」を防ぐ新サービス〜日本帰国時の検診〜

    がんの治癒は早期発見が決め手 日本人の2人に1人ががんになる時代。あなたは健診を受けていますか? ...
  4. 2017-4-2

    米国での日本食の在り方は 今後10年でさらに変わる

    金融から食の世界へ  西本Wismettacグループに参画し、今年で7年目となります。...
  5. 2017-1-4

    第21回 「オトナの遊び心」

    昼は子供中心の場所で 夜はオトナが科学する  OMSI(オレゴン科学産業館)には、科学を...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る