73%が「EVの航続距離は75マイルで十分」

米消費者の63%は「EVの最もふさわしい使い方は通勤か都市部の移動」と考え、73%は「日常的な使用では75マイルの航続距離で十分」と考えていることが、BMWグループ傘下MINI USAの最新調査で分かった。

グリーンカー・コングレスによると、調査は3月下旬に18歳以上の米成人1004人(男性502人、女性502人)を対象に実施され、充電技術やeモビリティ・ソリューションの普及に関してはもっと消費者教育が必要なことなども分かった。

回答者の74%は、最寄りのEV充電ステーションがどこにあるのか知らなかった。ただ、MINIのデータではEVオーナーの80%が自宅で充電する傾向にあることも分かっている。

受け入れられるEVの充電時間については、最も多かったのが「分からない」(28%)で、次が「30分」(25%)だった。また、全体の3分の2は「EVは興味を持つ早期導入者向け」と考えていた。これは、それほど興味を持たない消費者の大部分にEVへの認識を高めてもらう必要があることを裏付けている。また、連邦税控除はEVの購入を促進するものの、優遇措置以外の理由でEVを購入する人々がいることを示している可能性もある。

MINI USAのアンドリュー・カトラー広報担当者は「EVモデル『MINI Cooper SE』の米国発売が近づく中、われわれはブランドとして、消費者がどのようにEVを使いたいのか、そして消費者が何を知っていて何を知らないのかを理解することが重要。より多くの情報が集まれば、eモビリティのさまざまな利点や、当社のEVが何を提供するかについて消費者をもっと教育できる」と話している。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  2. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  3. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  4. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  5. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  6. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  7. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  8. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  9. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  10. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
ページ上部へ戻る