シリーズ世界へ! YOLO④ タイ〜花と微笑みの国 後編

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

夜から明け方にかけて賑わう花市場Photo © Mirei Sato

夜から明け方にかけて賑わう花市場
Photo © Mirei Sato

花市場は、夜ひらく

 タイでは、生活の様々なシーンに花が使われている。街中には花輪を専門に売るカートが出ているし、女性は花びらを香水代わりに髪や胸元にさす。家やレストランの柱や天井には花飾りが吊るされ、風に揺れるたび、ほのかな香りを漂わす。

 バンコク最大の生花市場、「Pak Klong Talard」へ行ってみた。バンコクの人は、パーティーなど花が必要な時には、必ずここへ買いに来る。24時間営業だが、賑わうのは夜からで、一番混むのが午前3時という不思議な場所だ。

 タイ全土から運ばれてきた色とりどりの花が、所狭しと並んでいる。切り花なら、バラ30本で1ドルちょっと。豆電球の灯りの下、女性たちが、花飾りを一心不乱に作っている。ソンクラーンは、書き入れ時なのだろう。まだ午前零時になる前だったが、市場の狭い路地に、トラックや台車、買い物客が入り乱れていた。

花びらでつくる花輪や飾りは、タイの人々の生活に欠かせない。仏像の手にかけたり、年長者や両親に敬意を表して贈ったりするPhoto © Mirei Sato

花びらでつくる花輪や飾りは、タイの人々の生活に欠かせない。
仏像の手にかけたり、年長者や両親に敬意を表して贈ったりする
Photo © Mirei Sato

甘く涼しい、南国の庭

 暑気払いも兼ねて、私たち一行は、バンコクから南へ車で2時間のリゾート地、パタヤへも足を伸ばした。ベトナム戦争中、米軍兵士の休息地として栄えたことから、猥雑な歓楽街のイメージが強いが、パタヤとその周辺のラヨーンは、花と果物の宝庫。涼をとりながら、農業大国の一端に触れられる観光地が点在している。

 「パタヤ・フローティング・マーケット」は、バンコク周辺に幾つかある水上マーケットの一つ。運河を利用したテーマパークのような作りで、3年前にオープンした。10万平方メートルの敷地に、タイ各地の物産を集めた店や、食べ物を売るボートが並び、昔の面影を楽しめる。お土産選びもいいが、川縁の店や軒先に飾ってある鉢植えを見て回るだけでも、飽きない。

川のそばに栄え、「水の都」とも呼ばれたバンコク。今は、観光地化した水上マーケットばかりが残るPhoto © Mirei Sato

川のそばに栄え、「水の都」とも呼ばれたバンコク。今は、観光地化した水上マーケットばかりが残る
Photo © Mirei Sato

 「ノン・ヌック・トロピカル・ガーデン」は、600エーカーに、ヤシやサボテン、タイに千種はあるというランが咲き乱れる。象や虎にオウムまでいて、歩いてはとても回り切れない。庭木を動物などの形に刈り込んだものを英語でトピアリーと言うが、ここにはトロピカルフルーツの形をしたものまである。

 果樹園「スファトラ・ランド」では、タイの人が「生活の木」と呼ぶココナツについて学んだ。新鮮なものほど、殻の内側にゼリーがたっぷりついている。妊婦がココナツジュースを毎日飲むと、肌がつやつやした赤ちゃんが生まれるそうだ。オイルは、髪の毛に塗ると切れ毛などの傷みを防ぎ、肌に塗ると日焼け止め、アロマセラピー効果もある。殻は捨てずに食器にし、幹は家具に加工する。

様々な顔をもつ、ノン・ヌック・トロピカル・ガーデン。最近は、リゾートホテルとしても人気があるPhoto © Mirei Sato

様々な顔をもつ、ノン・ヌック・トロピカル・ガーデン。最近は、リゾートホテルとしても人気がある
Photo © Mirei Sato

 ガイドの説明を受けながら、ドラゴンフルーツ、サラ(ビワに似て甘酸っぱい)、ファッカーウ(トムヤムクンに使う)など、約20種類の果物を摘み取り、試食した。もちろん、ドリアンも。臭い匂いがまったくしない。「臭いのは、安物や鮮度が落ちたドリアンだけ」だそうだ。体を内側から温める効果もあるという。贅沢に目の前で次から次へと割ってくれるのを、ありがたくかぶりついた。

 この果樹園では、穫れたてを目の前で砕いて作ってくれる、グリーン・パパイヤ・サラダも評判だ。

遊び心いっぱいのテラコッタとサボテンPhoto © Mirei Sato

遊び心いっぱいのテラコッタとサボテン
Photo © Mirei Sato

1 2

3

4 5
Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

Universal Mobile
ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る