シリーズアメリカ再発見⑳
パームスプリングスの誘惑

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

サンヤシント山州立公園からの眺め Photo provided by the Palm Springs Aerial Tramway

サンヤシント山州立公園からの眺め
Photo provided by the Palm Springs Aerial Tramway

 ロサンゼルスから東へ、車で約2時間。ここはもう、カリフォルニアの砂漠地帯で、死の谷「デスバレー」もそれほど遠くない。真夏になれば華氏130度を記録したりもする恐ろしい場所。

 ──のはずなのだけれど、パームスプリングスには、いつも青々とヤシの木が生い茂り、水が湧き出ている。ここを「砂漠のオアシス」「ミラージュ」(蜃気楼)と呼ぶ人がいてもおかしくはない。

 サンヤシント山(Mt. San Jacinto)のふもとに広がる砂漠は、大昔は池だった。今は1年に数インチしか雨が降らないが、地下には水がたっぷりある。

 数千年前にここに住み着いたコーウィア・インディアン(Cahuilla)は、この土地を「The Palm of God’s Hand」と呼んでいた。パームスプリングスの街を取り囲むインディアン・キャニオンは、カリフォルニア・ファン・パームという種のヤシの、世界最大の生息地だ。

 南カリフォルニアのシンボルともいえるこのパームツリーだが、天然の原木があるのはパームスプリングスだけ。ロサンゼルスやサンディエゴの街路樹を含めて、ほかの場所にあるパームツリーはすべて「移植」だ。

 緑の葉の下に、フサフサこんもりと茶色の皮がぶらさがっている。腰に蓑を巻いたような、フラダンスの衣装のような。地元の人は「スカートをはいたパームツリー」と表現する。都会に移植された木はたいてい、消防法上の理由から、このスカートを切り落とされてしまう。
 

1

2 3 4 5 6 7

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1. 前回に続き、今回はOPTについての説明と、CPTとの違いをご紹介します。学生ビザ(F1ビザ)...
  2. 幼児期の日本語教育は 人格形成の大事なステージ 幼児期は、どのように過ごすか...
  3.  東日本大震災で犠牲になったアメリカ人、テイラーさん(当時24歳)の生涯を、家族や恋人、友人...
  4. 活火山がうごめき、黒い溶岩が大地を這う。ハワイ島(ビッグ・アイランド)は、生きている。ハワイを形成する6つの島の中で、一番年齢が「若い」。まだ、たったの70万歳。島には、命が、息吹が、みなぎっている。
  5. アメリカで不動産開発、投資を行うTokyu Land US corporationのPresiden...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る