シリーズアメリカ再発見⑳
パームスプリングスの誘惑

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

サンヤシント山州立公園からの眺め Photo provided by the Palm Springs Aerial Tramway

サンヤシント山州立公園からの眺め
Photo provided by the Palm Springs Aerial Tramway

 ロサンゼルスから東へ、車で約2時間。ここはもう、カリフォルニアの砂漠地帯で、死の谷「デスバレー」もそれほど遠くない。真夏になれば華氏130度を記録したりもする恐ろしい場所。

 ──のはずなのだけれど、パームスプリングスには、いつも青々とヤシの木が生い茂り、水が湧き出ている。ここを「砂漠のオアシス」「ミラージュ」(蜃気楼)と呼ぶ人がいてもおかしくはない。

 サンヤシント山(Mt. San Jacinto)のふもとに広がる砂漠は、大昔は池だった。今は1年に数インチしか雨が降らないが、地下には水がたっぷりある。

 数千年前にここに住み着いたコーウィア・インディアン(Cahuilla)は、この土地を「The Palm of God’s Hand」と呼んでいた。パームスプリングスの街を取り囲むインディアン・キャニオンは、カリフォルニア・ファン・パームという種のヤシの、世界最大の生息地だ。

 南カリフォルニアのシンボルともいえるこのパームツリーだが、天然の原木があるのはパームスプリングスだけ。ロサンゼルスやサンディエゴの街路樹を含めて、ほかの場所にあるパームツリーはすべて「移植」だ。

 緑の葉の下に、フサフサこんもりと茶色の皮がぶらさがっている。腰に蓑を巻いたような、フラダンスの衣装のような。地元の人は「スカートをはいたパームツリー」と表現する。都会に移植された木はたいてい、消防法上の理由から、このスカートを切り落とされてしまう。
 

1

2 3 4 5 6 7

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る