シリーズアメリカ再発見⑳
パームスプリングスの誘惑

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 
Desert Modernism

 19世紀後半に鉄道が伸び、20世紀に入るとパームスプリングスは「ハリウッド御用達の保養地」として発展していった。
 当時、ハリウッドの俳優たちは、スタジオとの契約で、休暇中も決められた距離の中でしか旅行することができなかった。ロサンゼルスから近いパームスプリングスが、自然と遊び場になった。
 パームスプリングスではスターを見かけても写真を撮らないという「紳士協定」があり、パパラッチに追いかけられない安心感も手伝ったという。フランク・シナトラ、ダイナ・ショア、ソニー・ボノ、ボブ・ホープ…。数えきれない有名人が、ここで遊び、恋をした。
 これと並行して、パームスプリングスでは1930年代から「Mid-century Modern」または「Desert Modernism」と呼ばれる建築とデザインが盛んになった。ハリウッドのスターや東部・中西部の大富豪たちがセカンドハウスをつくり、新進気鋭の建築家を雇って、自由に夢を追わせた。
 深く張り出した屋根、ガラスを多用した天井や窓。サンヤシント山の眺めを考慮したアングル、外と内が一体になったような空間づくり。間仕切りを減らし、壁も上から下まで覆わずに、天井や床の部分にすき間をつくって広く見せている。ニューヨークやロサンゼルスの狭苦しいアパートにも、こんなひと工夫があれば、ずいぶん住み心地が良くなることだろう。
 今もパームスプリングスでは、景観を守り、山の眺めをさえぎらないために、家は1階建てしか許されていない。ロサンゼルスのような場所では眺望は「特権」だから、億万長者が山の上と海の際を買い占め、庶民はあきらめるしかないのだが、パームスプリングスでは誰もが平等に景色を楽しめる。
 街なかのガソリンスタンドや銀行、スーパーマーケットなども、モダン建築とデザインを取り入れている。


The Modern Tour with Michael Stern
760-904-0904、info@themoderntour.com
www.TheModernTour.com

 モダン建築の専門家で「Julius Shulman: Palm Springs」の写真集で有名なフォトグラファー、マイケル・スターンさんが主宰する。
 約3時間かけて、モダン建築の巨匠たちの邸宅を見学。外から眺めるだけでなく、家の中にも入ってインテリアも見学できる。建築家たちをよく知っているマイケルさんならではのツアーだ。
 1人150ドル。要予約。

William F. Codyが、石油王で映画「ラッシー」や「ローン・レンジャー」のプロデューサーでもある富豪のためにデザインした「The Horizon」。ハリウッドの俳優らを招いて豪勢なパーティーが開かれた Photo © Mirei Sato

William F. Codyが、石油王で映画「ラッシー」や「ローン・レンジャー」のプロデューサーでもある富豪のためにデザインした「The Horizon」。ハリウッドの俳優らを招いて豪勢なパーティーが開かれた
Photo © Mirei Sato


Modernism Week
www.ModernismWeek.com

 毎年2月、約2週間にわたって開催。モダン建築を見学する特別ツアーや、映画の上映、パーティーなど盛りだくさんの大人気イベント。
 パームスプリングスのモダン建築は、以前から愛好家や専門家の間では有名だったが、ここ数年、ニューヨークの広告業界を描くTVドラマ「Mad Men」がヒットした影響で、関心をもつ若者が増え、ちょっとしたブームになっている。

Courtesy of Palm Springs Bureau of Tourism

Courtesy of Palm Springs Bureau of Tourism


Palm Springs Art Museum
101 Museum Drive, Palm Springs, CA
760-322-4800
www.PSMuseum.org

 ダウンタウンにあり、今年で開館75周年を迎える。11月に、モダン建築とデザインに関するコレクションを集めた「Palm Springs Art Museum Architecture Design Center」をオープンする予定。建物は、1960年代につくられた銀行を改装する。
 開館時間は、火水金土日10am〜5pm、木12〜8pm、月休。
 入館料は、一般12.50ドル、シニア10.50ドル、学生5ドル。毎週木曜4pm以降と、毎月第2日曜は無料。

Courtesy of Palm Springs Art Museum

Courtesy of Palm Springs Art Museum


Sunnylands Center and Gardens
37977 Bob Hope Drive, Rancho Mirage, CA
760-202-2222
www.Sunnylands.org

1981年の大みそか、パティオでくつろぐレーガン大統領夫妻 Official White House Photo

1981年の大みそか、パティオでくつろぐレーガン大統領夫妻
Official White House Photo

 モダン建築の巨匠の一人、A. Quincy Jonesが、新聞王で雑誌「セブンティーン」の創刊者、ウォルター&レオノア・アネンバーグ夫妻のために1966年に建てた邸宅。
 歴代の大統領が、国賓を迎えて屈託なく意見を交わす場としても使われてきた。西海岸のキャンプ・デービッド(大統領専用の別荘)と呼ばれる。昨年6月、オバマ大統領と中国の習国家主席の歴史的な首脳会談の場になった。今年2月中旬、オバマ大統領とヨルダン国王の会談が行われたばかり。
 一般公開されていて、邸宅や敷地、庭園などをめぐるガイドつきツアーが、最近新しく加わった。国際政治に興味がなくても、美術館も顔負けのアート・コレクション、庭やゴルフコース、インテリアを見るだけで十分に楽しめる。
 ビジターセンターと庭園は、入場無料。開館時間は、木〜日9am〜4pm(9〜5月)と、7am〜2pm(6〜7月)。8月は休館。
 ほかに、「Historic House Tour」(90分、35ドル、木〜日のみ)や、「Historic Estate Bird-Watching Tour」(90分、25ドル、1〜6月の毎週木曜9:15am)などがある。予約が必要で、毎月1日と15日の9amから、その月の前半分と後半分のツアーの発券を受け付ける。ツアーは各種あり、無料で予約が要らないものもある。

Photo by Mark Davidson  © The Annenberg Foundation Trust at Sunnylands

Photo by Mark Davidson © The Annenberg Foundation Trust at Sunnylands


 

1 2 3

4

5 6 7

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1.  この原稿を書いている時点では、まだ発表されていない2016年のエミー賞。テレビ界のアカデミ...
  2.  このコラムを執筆してちょうど5年が経った。連載のコンセプトは「ワインの知識を楽しく、分かり...
  3. ブルースの誕生は 綿花畑の中から 広いアメリカ、こんなところがあったのかという旅先を紹介して...
  4. 今回、3回にわたり、皮膚科領域の国際的な論文の話を織り交ぜながら、皮膚科学の最新情報を読者の...
  5. 自転車愛な町に ちょい乗りシステム 車に頼りすぎるアメリカでは珍しく、ポートランドは公共交通...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る