年末年始一時帰国スペシャル
「開業100周年」東京駅で遊ぶ!

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

探険!「東京駅一番街」

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

八重洲側の改札外にあり、人気のエリアが集まったのが、「東京駅一番街」だ。乗降客に、駅を「スルー」せず、「改札の外へ出てまで足を運びたい」と思わせる、魅力的な商業施設をめざしてつくられた。「エキナカ」施設とも、ひと味違う仕掛けがいっぱいだ。

●東京おかしランド

揚げたてのポテトチップスに、塩やチーズ、チョコレート、ソフトクリームなどを組み合わせたお菓子を注文できるPhoto © Mirei Sato

揚げたてのポテトチップスに、塩やチーズ、チョコレート、ソフトクリームなどを組み合わせたお菓子を注文できる
Photo © Mirei Sato

日本を代表する菓子メーカー「カルビー」「森永製菓」「江崎グリコ」のアンテナショップが集まる。キッチン併設で、目の前で作ってくれる「工場感」がウリ。スーパーで買える商品ではなく、地方限定版のお菓子や、東京駅オンリーの商品を並べる。

●東京キャラクターストリート

「松竹歌舞伎屋」では、店頭で職人が大人気の「開運の小槌」を作ってくれる。10種類の縁起物を小さな打出の小槌にお守りとして入れてもらえる。口上も楽しめるPhoto © Mirei Sato

「松竹歌舞伎屋」では、店頭で職人が大人気の「開運の小槌」を作ってくれる。10種類の縁起物を小さな打出の小槌にお守りとして入れてもらえる。口上(こうじょう)も楽しめる
Photo © Mirei Sato

アジア各国や日本の地方から来た観光客が、開店前から行列をつくっているエリア。店のシャッターが開くと同時に、次々にキャラクターグッズを買っていく。
大人の女性が好むキャラクターから、子供が喜ぶキャラクターまで。希少性の高いグッズを揃えている。在京の6テレビ局も出店し、人気番組の商品を売る。
「東京駅」らしさを出すことも忘れていない。駅長さんピカチュウのぬいぐるみや、キティちゃんと東京駅丸の内駅舎がデザインされたボックスに入ったチョコレートクランチは、ここ限定の人気商品だ。
日本は今、ちょっとした「新幹線ブーム」だ。東海道新幹線が開通して、今年で50周年。来年3月には「北陸新幹線」が金沢まで開通し、「北海道新幹線」の建設も予定されている。
そんなこんなで、キャラクターも「新幹線モノ」流行りだ。特に、新幹線の線路を検査する電気軌道総合試験車、通称「ドクターイエロー(新幹線のお医者さん)」の商品は、男の子に人気がある。黄色い車体で、10日に1回程度しか走らないので、「見たら幸せになれる」とさえ言われている。

●東京ラーメンストリート

(提供写真)

(提供写真)


六厘舎「味玉つけめん」(提供写真)

六厘舎「味玉つけめん」(提供写真)

東京を代表する有名ラーメン店を8軒集めた。東京駅で今、一番ホットな場所。
一番人気の六厘舎は、もともと大崎にあったが、人が並びすぎて周囲に迷惑がかかり一時閉店した、という伝説の店。「味玉つけめん」は、太い麺と、濃厚なつけ汁が特徴。昼時は厳しいが、午後3時過ぎなら比較的短い待ち時間で食べられる。
二番目に人気があるのは、「東京駅斑鳩」。とんこつ系スープと魚介系スープをブレンドした「東京駅らー麺」が人気。
続いて混雑しているのは、「塩専門ひるがお」。有名な「せたが屋」の塩専門店だという。

1

2

3

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る