第77回 愛犬と大陸横断(後編)

文&写真/寺口麻穂(Text and photos by Maho Teraguchi)

 2014年の一大イベントに、秋に実現させた愛犬との大陸横断引っ越しがありました。実は、車での大陸横断引っ越しは15年前にも経験済み。その時は、西から東へ。今回は東から西へ。しかも、今回は犬連れでの旅。果たして無事に完走できるのだろうか…という一抹の不安も襲いましたが、「何が何でもやるしかない!」という意気込みでとにかく出発しました。

 不安と興奮が半々の出発でしたが、蓋を開けてみれば全てが計画通りに運んだ旅。途中で車も人もエンストするというようなハプニングもなく、なんなく完走。ほとんどが順調だったこの旅ですが、一つ困ったのは食事でした。この旅行中、愛犬ノアが生活の変化から来る緊張やストレスで、ほとんど食事をしなくて、とても心配したことは前回の記事で触れましたが、食事に関しては人間側もかなり苦労しました。秋という季節柄、外に出されているテーブルなどで、犬連れで食事をすることが不可能。今回はノアにとっても普段と違うドキドキの毎日ということもあり、一人にして不安にさせないようにしたかったので、ノアを残して人間だけ出かけることは避けました。そこで取った私たちの策はと言うと、旅に同行してくれた友人が一人でレストランに入り食事しながら、私用のテイクアウトを注文。私はそれを車やホテルで食べるという、人間側から見れば淋しい食事の仕方でした。やがて、旅の後半で西に向かって行くと気温も上がり、外での食事が出来るようになり、ようやく皆でテーブルを囲んで楽しいひと時がもてました。

ホテルはペット大歓迎

 出発前一番心配したのが、宿泊先のことでした。周りからペット・フレンドリー・ホテルがたくさんあることは聞いていましたが、事前に調べたホテルが本当にペット歓迎か、サイズや犬種の規制は厳しいのか。また、計画した距離を予定通り走って予約した宿にたどり着けるか。逃したらペット可のホテルが簡単に見つけられるか。最悪は車で一夜を明かすことになるのか。など色んな不安が頭を過ぎりました。でも、そんな心配はただの取り越し苦労で終わり、事前に情報を得ていたチェーンのホテルは、どこも広告通りペット可、というより大歓迎でした。ちなみに利用したのは、La Quinta Inn & Suites、Red Roof Inn、Days Inn、Motel 6です。他にもEcono LodgeやHoliday Inn、また大手のHiltonやSheraton Hotelでもペットとの宿泊オーケーのようです。本当に愛犬と旅行がしやすい世の中になりました!

「僕も立派な宿泊客です」と威張る著者の愛犬ノア

「僕も立派な宿泊客です」と威張る著者の愛犬ノア
Photo © Maho Teraguchi

この旅で得たもの

 この貴重な体験で得たものが一杯あります。同行してくれた友人との車中での人生論。短期間でアメリカの端から端をダイジェスト版のように味わったこと。自分の体力・気力をあらためて知ることができたこと。しかし、何と言っても一番貴重だったのは、ノアとの絆が一層深められたことでした。ノアは状況がどうであれ「母」である私がいれば安心ということを覚え、私は予想以上の頑張りで、この旅を見事に乗り切ったノアへの誇りと信頼度がぐんとアップしました。いつかまた、ノアとの大陸横断旅行をすることになるのかは分かりませんが、ノアも私も、力を合わせて何でも乗り越えられるという大きな自信が出来ました。

 次回は、「犬と家探し」と題し、新天地LAでの犬連れの物件探しの苦労と飼い主のあり方についてお話しします。お楽しみに!

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

寺口麻穂 (Maho Teraguchi)

寺口麻穂 (Maho Teraguchi)

ライタープロフィール

在米29年。かつては人間の専門家を目指しサンホセ州立大学・大学院で文化人類学を専攻。2001年からキャリアを変え、子供の頃からの夢であった「犬の専門家」に転身。地元のアニマル・シェルターでアダプション・カウンセリングやトレーニングに関わると共に、個人では「Doggie Project」というビジネスを設立。「人間に100%生活を依存している犬を幸せにすることが人間の責任」を全うするため、犬の飼い主教育やトレーニング、問題行動解決サービスを提供している。現在はニューヨークからロサンゼルスに拠点を移し活躍中。

プライベート/グループレッスン、講習会のお問い合わせは:www.doggieproject.com
ご意見・ご感想は:info@doggieproject.com

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る