カリフォルニア州ロックダウン下での経営 第3回
緊急必要ビジネスとは?【コロナウイルス】

ロックダウン下での経営 第2回 中小企業を救うカリフォルニア州政府支援に続き、今回はEssential Business(緊急必要ビジネス)についてお伝えします。

ビジネス

3月19日のカリフォルニア州知事による自宅待機令は罰則規定がある法律であり、実際に違反取締も行われている。その例外であるEssential Businessは13の産業から構成されていますが、定義は非常に曖昧であり、行政側のCovid19封じ込めの為にEssential Businessの定義を狭義に規定したい思いと、生活に影響を出さないようにインフラを維持する思いが交差しています。現時点では群や市の行政がどの会社がEssential Businessかどうかを決定しており、もし営業停止指導が入った場合には迅速に訴訟経験のある弁護士事務所へ相談する事を推奨します。

自宅待機の例外規定である Essential Critical Infrastructure Workers(必須重要インフラ労働者)

3月19日に最大の人口を持つカリフォルニア州で自宅待機(Shelter in Place)が命じられた後、4日以内にテキサス州、ニューヨーク州、フロリダ州も同様の指示を出しました。この4州だけで全米の人口のほぼ1/3を占めるのでいかに急速に自宅待機が日常と化したがわかります。

4月12日現在、自宅待機令が全く出ていないのはNorth Dakota, South Dakota, Nevada, Iowa そしてArkansas のみとなっており、全米でみても自宅待機が当たり前になっています。

このような時こそ、Covid19対策を十分に取りつつ、自宅待機の例外規定である Essential Critical Infrastructure Workers(必須重要インフラ労働者)の運営と保持に全力で取り組むことにより雇用を、生活を、経済を守っていくべきでしょう。

うちの会社はビジネスを続けていいのか? そんな不安に答えるべく、「ロックダウン下での経営」第3回としてEssential business(緊急必要)について解説をします。

3月19日付のカリフォルニア州知事令 N-33-20(N-33-20)は自宅待機(Shelter in Place)を前提としており、現時点では知事は適用はしないと明言しているものの、罰則規定も刑事上の軽罪に処され、$1,000以下の罰金もしくは6ヶ月以下の懲役もしくはその両方を科す事も可能となっています。

一部の群では自宅待機違反に対して実際に違反切符を出し始めており、自宅待機令はお願いではなく、罰則規定を伴った強制力がある法律だという認識が必要です。

13の産業から構成される必須重要インフラ

必須重要インフラは自宅待機命令の例外として3月22日の通達で具体的に以下の13の産業が定義されています。これらの産業に携わる経営陣や従業員をEssential Critical Infrastructure Workers(必須重要インフラ労働者)と規定しています。以下に一般的に“Essential business(緊急必要なビジネス)”を呼ばれる業態は何かについて解説します。

医療・公衆衛生産業(HEALTHCARE / PUBLIC HEALTH)
公共部門と民間部門の両方にまたがる、大規模で産業で、一般公開された医療施設、研究センター、サプライヤー、メーカーや、それらを支える大規模な設備、ITサービスに関わる産業と定義されています。

緊急サービス産業 (EMERGENCY SERVICES SECTOR)
幅広い予防、防災、緊急時対応、および通常時の救急業務対応に関わる産業と定義されています。連邦政府、州政府、地方政府、部族政府、市警などの地域レベルにある警察署や消防署、郡保安官事務所、国防省、町の公共事業課などに加えて、産業消防団、民間警備会社、民間救急医療機関などの民間機関やボランティア組織も含まれています。

食農産業(FOOD AND AGRICULTURE)
食料及び農産業の生産・加工・配送に関わる幅広い産業で、米国内外の人や動物への食料の供給、これらに関する食材や最終製品の輸入を含む、生産者、加工業者、供給者、輸送業者、流通業者、消費者をつなぐ複雑なネットワークを支えています。食糧供給を維持し、確保するために非常に重要な産業として定義されています。

エネルギー産業(ENERGY)
電気、石油、天然ガスの生産、精製・貯蔵・販売を含む運送業、住宅、商業用施設へエネルギーや燃料を供給する国全体の成長と生産に関する産業として定義されています。

上下水道産業(WATER AND WASTEWATER)
管理当局を含む上水と廃水に関するインフラストラクチャー関連産業と定義されています。

運輸物流産業(TRANSPORTATION AND LOGISTICS)
航空産業、交通インフラ産業、商業及び公的旅客自動車運送事業者、海運業者、大量移動を担う公共交通産業、ガスや化学物質用のパイプライン産業、鉄道運輸産業、郵便及び宅配業者

通信及びIT産業(COMMUNICATIONS AND INFORMATION TECHNOLOGY)
電話・通信とそれらを支えるセキュリティやインフラ産業

その他の地域に密着した行政運営と必要不可欠な機能に関わる産業(OTHER COMMUNITY-BASED GOVERNMENT OPERATIONS AND ESSENTIAL FUNCTIONS)
行政や司法などの政府機能維持のために必要な従業員、ビルの保守やセキュリティ関連、保育園・小学校・中学校・高校・大学を含む教育関連、Covid19対応支援をしているホテル、建築関連業務、配管工・電気屋・害虫駆除屋など,コンビニエンスストア・ペット用品店・自動車用品・修理店・金物・ホームセンター・家電量販店など、必須重要インフラにサービス供給する商業小売店、スタジオを含むエンターテイメント業界、自動車レンタル業、低所得者層への必須サポート関連、弁護士・会計士、ランドリーサービス、獣医など動物飼育関連

必須な製造に関わる産業(CRITICAL MANUFACTURING)
一次金属製造業、機械製造業、電気機器、家電製品と部品製造の製造業、輸送機器製造業など

危険物取り扱い業務に関わる産業(HAZARDOUS MATERIALS)
原子力関連、医療廃棄物関連、医療用品製造業、テストキット製造など

金融サービス産業(FINANCIAL SERVICES)
顧客への流動性の提供、長期・短期の資金運用、金融リスクの移転などに関わる金融商品、保険会社、その他の信用・融資機関、およびこれらの機能を支える機関

化学産業(CHEMICAL)
基礎化学品;機能性化学品;農薬;機能性化学品;機能性化学品;農薬 基礎化学品、特殊化学品、農薬、医薬品、消費者製品

防衛基盤産業 (DEFENSE INDUSTRIAL BASE)
米軍の要件を満たすための、軍事兵器システムの設計、生産、納入、メンテナンス、サブシステム、およびコンポーネントや部品を提供や開発など。

ソース: https://covid19.ca.gov/img/EssentialCriticalInfrastructureWorkers.pdf

誰が、どのようにEssential Business(緊急必要)と決めるのか?

では、誰が、どのようにEssential Businessと決めるのでしょうか? 上記のカリフォルニア州からの定義は非常に曖昧であり、行政側のCovid19封じ込めの為にEssential Businessの定義を狭義に規定したい思いと、生活に影響を出さないようにインフラを維持する思いが出ている書面になっています。

現時点では群や市の行政が一義的にどの業種がEssential Businessに当てはまるかを決める事になります。これに不服があれば、通常では裁判所に訴えることになります。ところが現時点では裁判所の機能が必要最低限になっており、弊所の経験では通常1日の裁判関連手続きが2週間経っても処理されていない状態です。

営業停止の例

有名な例としては電気自動車メーカー・テスラの工場をアラメダ群から営業停止指導が入り、Essential Businessではないと判断された事例がある。シリコンバレーらしく、そのやり取りの一部はTwitterで公開されている。

トーランスでは質屋が金融サービス産業(FINANCIAL SERVICES)と主張して営業を行っていたが、市の指導により業務停止になっている。

Coronavirus: 2 Old Torrance pawnshops close after losing ‘essential’ argument

もし行政当局からEssential Businessではないと判断されたならば、営業継続に向けて行政当局との交渉になりますので、弊所のような裁判経験がある弁護士事務所へ相談をする事を推奨します。

Covid19の驚異の前にただ戸惑い、打ちひしがれるのではなく、一人ひとりが出来ることを行い、果敢に運命に立ち向かった。未来にこう評価されるかどうかは、我々の“今”にかかっています。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

吉田大 (Dai Yoshida)

吉田大 (Dai Yoshida)ブラックベルトリーガル弁護士法人 代表弁護士

ライタープロフィール

GE、BLACKROCK、SONYでの業務改善、エンジニア、弁護士を経てブラックベルトリーガル弁護士法人を設立。オイシックスによる米国企業買収、スタートアップやVCへの出資案件、訴訟対応を含め活躍。エンジェル投資やシリコンバレーのスタートアップの日本進出も実施。カリフォルニア在住11年。

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. オンライン上のプライバシーに関する問題は思ったよりも複雑で、デジタルプライバシーを保護するこ...
  2. 2021年6月8日

    産後うつ
    文章を書く時、明確なルールを自分に課している。それは家族のこと、仕事のことは一切書かないとい...
  3. 2020年6月に高校を卒業したニナは、その年の秋に自宅から車で40分ほどのカリフォルニア大学...
  4. バイデン大統領は2021年3月、新型コロナウイルス経済対策法案に署名し同法が成立しました。米...
  5. フロリダ州の南端に位置するエヴァーグレーズ国立公園は、北米最大の湿原地帯。フロリダ半島の真ん...
  6. 幼児期 “何を読むか” ではなく “これを読みたい” が重要 「この絵本、楽しそう。うちの...
  7. 自動車保険への加入はアメリカのほとんどの州法で義務付けられていますが、the Insuran...
  8. ニナが進学したカリフォルニア大学からは、「ペアレントナイト」といったタイトルのバーチャルイベ...
ページ上部へ戻る