〔マレーシア〕NTT、スマート都市の実証へ

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

NTTグループは29日、マレーシアで今年2〜3月にスマートシティー実現に向けた車両監視ソリューションの実証実験を行うと発表した。交差点をモニタリングして交通量や通行車両を分析し、渋滞解消や盗難車検知などにつなげる。アジアでの実証実験は初となる。

スランゴール州サイバージャヤで、交通量が最も多い交差点に監視カメラを8台設置し、同社が開発した車両監視ソリューションについて実証実験する。

NTTの広報担当者はNNAに対し、「実証実験を行うソリューションには、アジアの自治体や企業などから約40件の引き合いがある」と話し、マレーシアでの結果を踏まえ、東南アジア諸国連合(ASEAN)の他国への展開を検討していく方針を示した。

NTTは、米国ラスベガスでも同様の実証実験を2018年末に行い、車両監視ソリューションの提供を昨年2月に開始した。サイバージャヤでの実証実験では、米国で得た技術・ノウハウを応用。アジアで展開するに当たっての課題や実現性、同技術を用いたビジネスモデル構築の可能性について検証する。

具体的には、マレーシアで社会問題となっている渋滞や交通事故の解決のほか、付近の商業施設に来訪者を誘導するための導線の検討、当該交差点に設置するデジタルサイネージの効果検証、盗難車の捜索といった用途が考えられるという。

NTTは、1997年にサイバージャヤにグループ会社のNTT MSCを設立して以来、同地域での投資や事業を積極的に展開してきた。そうした関係から、サイバージャヤでの実証実験を決めた。

実証実験は、日本の総務省の19年度事業「マレーシアにおける社会課題解決のためのスマートシティモデルの構築に関する調査研究」の一環。サイバージャヤの開発を手掛けるマレーシア財務省傘下のサイバービュー、地場通信インフラ会社アローと共同で実施する。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。

https://www.nna.jp/club_contents/index

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  2. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  3. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  4. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  5. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  6. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  7. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  8. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
  9. 2020年1月1日よりカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)対象企業は、公表してい...
  10. 2020年4月1日

    第81回 日本語の継承
    今回は「アメリカの学校」ではなく、「アメリカで育つ二世の子どもたちの日本語教育」というテーマ...
ページ上部へ戻る