〔マレーシア〕NTT、スマート都市の実証へ

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

NTTグループは29日、マレーシアで今年2〜3月にスマートシティー実現に向けた車両監視ソリューションの実証実験を行うと発表した。交差点をモニタリングして交通量や通行車両を分析し、渋滞解消や盗難車検知などにつなげる。アジアでの実証実験は初となる。

スランゴール州サイバージャヤで、交通量が最も多い交差点に監視カメラを8台設置し、同社が開発した車両監視ソリューションについて実証実験する。

NTTの広報担当者はNNAに対し、「実証実験を行うソリューションには、アジアの自治体や企業などから約40件の引き合いがある」と話し、マレーシアでの結果を踏まえ、東南アジア諸国連合(ASEAN)の他国への展開を検討していく方針を示した。

NTTは、米国ラスベガスでも同様の実証実験を2018年末に行い、車両監視ソリューションの提供を昨年2月に開始した。サイバージャヤでの実証実験では、米国で得た技術・ノウハウを応用。アジアで展開するに当たっての課題や実現性、同技術を用いたビジネスモデル構築の可能性について検証する。

具体的には、マレーシアで社会問題となっている渋滞や交通事故の解決のほか、付近の商業施設に来訪者を誘導するための導線の検討、当該交差点に設置するデジタルサイネージの効果検証、盗難車の捜索といった用途が考えられるという。

NTTは、1997年にサイバージャヤにグループ会社のNTT MSCを設立して以来、同地域での投資や事業を積極的に展開してきた。そうした関係から、サイバージャヤでの実証実験を決めた。

実証実験は、日本の総務省の19年度事業「マレーシアにおける社会課題解決のためのスマートシティモデルの構築に関する調査研究」の一環。サイバージャヤの開発を手掛けるマレーシア財務省傘下のサイバービュー、地場通信インフラ会社アローと共同で実施する。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。

https://www.nna.jp/club_contents/index

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  2. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  3. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
  4. ニューメキシコ州の南東部、テキサス州との境に位置するグアダループ山脈の麓には、地底に広がる鍾...
  5. 2021年10月4日

    就職&転職ガイド
    転職大国アメリカの労働市場 アメリカでは転職がごく一般的。United States Depa...
  6. 偶然出会ったシンクロが人生の糧に シンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング...
  7. 相手の過失で事故に巻き込まれた場合でもご自身の過失で事故を起こしてしまった場合でも、共通した...
  8. 2021年8月9日

    課外活動の重み
    日米の学校や受験システムの違いで実感するのが、生徒の活動への取り組みに対して、日本では短期的...
ページ上部へ戻る