JALシアトル=成田線、運航開始


JALは2019年3月31日、共同事業パートナーであるアメリカン航空とともにシアトル=成田線を開設し、当日はシアトル・タコマ国際空港にて就航セレモニーを行った。JALの北米西海岸路線として6路線目、米国ゲートウェイとしては11路線目となるシアトル=成田線では、ボーイング787-8型機の新仕様機材である「JAL SKY SUITE 787」を導入し、日本発着、成田経由アジア各都市発着、いずれの顧客も利用しやすい成田夕刻発着のダイヤ設定として運航する。


シアトル発の初便である、JL067便の出発前就航セレモニーでは、JAL取締役専務執行役員路線統括本部長 菊山英樹氏の挨拶のほか、在シアトル日本国総領事館の山田洋一郎総領事、シアトル港湾局コミッショナーのCourtney Gregoire氏、アラスカ航空社長兼COOのBen Minicucci氏、そしてアメリカン航空アジア・太平洋地区 セールスゼネラルマネジャーのSteve Koo氏より歓迎のメッセージが送られテープカットが行われた。その後、JL067便は、183名を乗せ定刻の午後2時15分過ぎに出発。JAL スタッフに見送られたのち、成田に向けて飛び立たった。


この路線で使用される機材は、787-8型機に最新シートを導入した「JAL SKY SUITE 787」で、座席数は全2クラスの186席。ビジネスクラスにはフルフラットシート「JAL SKY SUITE(スカイスイート)」を採用、エコノミークラスにはシートピッチを拡大した新・間隔エコノミー「JAL SKY WIDER(スカイワイダー)」を導入し、大幅な居住性の向上を図っている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2019-1-15

    Muginoho International, Inc.アメリカのビジネスは、今

    サクサクのシュー皮のシュークリームが人気のビアードパパをアメリカで出店しているMuginoho In...
  2. 2019-10-4

    第78回 SATにはコツがある?

    ニナの友人の一人は「SAT1600点満点で1580点を取った。でも教育熱心な母親からは、なぜ...
  3. 2016-10-5

    スコット・イーストウッド 親の七光りをしたたかに使って チャンスを掴む

     スコット・イーストウッドの存在を初めて知ったのは、2013年の映画「Texas Chain...
  4. 2019-8-5

    ヘルシーフードで美腸をつくる!

    日本でブームの「腸活」って何? 日本でここ数年ブームとなっている「腸活」「菌活」をご存...
  5. 2016-8-9

    リオ・オリンピックへ 米新体操団体代表 アリサ・カノウさん

     新体操のアメリカ代表選手が正式発表されたのは6月13日。ロードアイランドで行われた全米選手...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る