JALシアトル=成田線、運航開始


JALは2019年3月31日、共同事業パートナーであるアメリカン航空とともにシアトル=成田線を開設し、当日はシアトル・タコマ国際空港にて就航セレモニーを行った。JALの北米西海岸路線として6路線目、米国ゲートウェイとしては11路線目となるシアトル=成田線では、ボーイング787-8型機の新仕様機材である「JAL SKY SUITE 787」を導入し、日本発着、成田経由アジア各都市発着、いずれの顧客も利用しやすい成田夕刻発着のダイヤ設定として運航する。


シアトル発の初便である、JL067便の出発前就航セレモニーでは、JAL取締役専務執行役員路線統括本部長 菊山英樹氏の挨拶のほか、在シアトル日本国総領事館の山田洋一郎総領事、シアトル港湾局コミッショナーのCourtney Gregoire氏、アラスカ航空社長兼COOのBen Minicucci氏、そしてアメリカン航空アジア・太平洋地区 セールスゼネラルマネジャーのSteve Koo氏より歓迎のメッセージが送られテープカットが行われた。その後、JL067便は、183名を乗せ定刻の午後2時15分過ぎに出発。JAL スタッフに見送られたのち、成田に向けて飛び立たった。


この路線で使用される機材は、787-8型機に最新シートを導入した「JAL SKY SUITE 787」で、座席数は全2クラスの186席。ビジネスクラスにはフルフラットシート「JAL SKY SUITE(スカイスイート)」を採用、エコノミークラスにはシートピッチを拡大した新・間隔エコノミー「JAL SKY WIDER(スカイワイダー)」を導入し、大幅な居住性の向上を図っている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る