カーター元大統領の 「平和の鐘 」の鐘楼を建築〜ジョージア日米協会

ジョージア日米協会とジョージア日本人商工会は、在アトランタ日本国総領事館および日本貿易振興機構(ジェトロ)アトランタの後援のもと、カーター・センターの敷地内にあるジミー・カーター元大統領の「平和の鐘」を吊り下げる日本の伝統的な鐘楼を建築する。

この鐘楼は、日本とジョージア州の人々の友好のシンボルとなる ことが期待され、日本とジョージア州の関係深化に向けたカーター元大統領の貢献に対する認識を高めると同時に、日本とジョージア州の経済、文化、教育、政治面の結びつきの強さを示す。

「平和の鐘」の鐘楼は、鐘がもともと置かれていた広島県三次市甲奴(旧甲 奴町)の正願寺の鐘楼を模し、甲奴町の大工の指揮のもと施工される。

7月8日には地鎮式が行われ、曹洞宗北アメリカ国際布教総監部(代表:国際布教総監 秋葉玄吾)による伝統的な仏教儀式が行われる。

また、テープカットとオープニングセレ モニーは、カーター大統領の98歳の誕生日である10月1日の前日にあたる2022 年9月30日午後4時から行われる予定。

第二次世界大戦中、全国に金属回収令が発令され、甲奴町の正願寺の梵鐘は呉海軍工廠に供給された。この時、日本中の梵鐘の 95%が失われたと言われている。しかし、正願寺の梵鐘が弾丸になる前に終戦を迎え、戦後、この鐘は英国に渡り 、英国人ジェームス・テイラー氏のもとに一時期保管されていた。1958 年に父の遺品を整理していた息子のミロス・テーラー 氏がこの鐘を発見、1982 年にこの梵鐘とともにフロリダ州イース
ト・オレンジ・パークに移住した。1985 年に英国に戻ることになったミロス氏はこの鐘を売りに出したところ、これを知ったジョージア日本人商工会と在アトランタ日本国総領事館は梵鐘を購入するための寄付を呼びかけ、1985年7月24日、カーター・センター建設と日本庭園着工を記念し、カーター元大統領の世界平和推進活動への感謝を込めて、日本人コミュニ ティを代表し、野々山忠致総領事と荒木博光ジョージア州日本商工会議所会長が、カーター 元大統領夫妻にこの鐘を寄贈した。

本プロジェクトの詳細はジョージア日米協会のウェブサイトで確認できる。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る