ソーラー・パネルと屋根を合体へ 〜ソーラーシティー、新型製品開発に注力

 ソーラーシティー(SolarCity)は、ソーラー・パネルと屋根を一体化させた新製品の開発計画を明らかにした。同社会長のイーロン・マスク氏が第2四半期の業績報告会で説明した。
 
 フォーチュン誌によると、屋根とソーラー・パネルを一体化させる考えは、ソーラー・パネルの設置市場で競争が激化するなか、ソーラーシティーが新製品開発を重視するようになっていることと、マスク氏の影響力が多大であることを示すものと受け止められている。
 
 マスク氏は、ソーラーシティーの目標として、「消費者が興奮して隣人に話したくなるような」ソーラー屋根と蓄電製品を販売することを挙げた。同氏によると、ソーラーシティーは新製品を2016年末までに発表する計画で、そのうちの一つがソーラー屋根とみられる。
 
 ソーラーシティーのリンドン・ライブCEOは、米国では毎年500万枚の新しい屋根が販売されており、そのうちの一部を同社の新型ソーラー屋根にしたいという考えを示した。
 
 一方、同社のピーター・ライブ最高技術責任者(CTO)は、太陽電池とモジュールの生産を加速させ、ソーラー屋根向け製品のための技術を他社に供給する計画を明らかにした。
 
 ソーラーシティーは、太陽電池製造を専門とする新興企業のサイレヴォ(Silevo)を2年ほど前に買収した。ソーラーシティーはサイレヴォの技術を活用し、ニューヨーク州バッファローの大型工場で独自のソーラー・パネルを製造する計画だ。【http://fortune.com/2016/08/09/solarcity-solar-integrated-roof/】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  2. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  3. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  4. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  5. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  6. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  7. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  8. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
ページ上部へ戻る