当局、期限の延長認めず〜新燃費基準へのメーカー意見

 連邦政府は22日、2025年までに達成が義務付けられる新しい燃費基準に関する意見提出期間を延長してほしいという大手自動車メーカーの要請を拒否した。
 
 環境保護局(EPA)と運輸省道路交通安全局(NHTSA)は7月、自動車メーカーは燃費基準の強化に対応できるだけの技術を持っているものの、近年のガソリン安によるピックアップ・トラックやスポーツ多目的車(SUV)の人気上昇で当初予想されたペースでは燃費向上が進まないとの見方を示しながら、企業平均燃費(CAFE)の目標を50〜52.6マイル/ガロン(mpg)へと下方修正する報告書を発表した。
 
 1200ページに上る同報告書への意見を求められた自動車メーカーは、意見書提出の締め切りを現在の9月末からせめて11月末まで延期することを希望。ゼネラル・モーターズ(GM)、フォード、トヨタ自動車、フォルクスワーゲン、ダイムラーなどが参加する自動車工業会(AAM)は8月1日、情報量の多さなどを理由に提出期間の延長を要請した。
 
 ロイター通信によると、AAMの広報担当者は「政府が何年もかけて集めた情報を民間が完全に理解するために、意見の聴取期間には十分な時間を用意する必要がある」と強調。EPA報道官は、要請は却下したものの「新しい関連データや情報の考慮は続け、判断の調整を続ける間も継続的なフィードバックを歓迎する」と述べた。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  2. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  3. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  4. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  5. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  6. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  7. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  8. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
ページ上部へ戻る