ウーバー、長距離運送トラック業界に進出 〜傘下の新興企業オットーと協業

モバイル配車サービス最大手の米ウーバー・テクノロジーズは、長距離運送トラック業界に進出する。

ロイター通信によると、ウーバーが8月に買収した自動運転トラック開発の新興企業オットー(Otto、サンフランシスコ)は、保有するトラックを6台から約15台に増やし、独立系のトラック運送業者と提携する計画だ。

オットーの共同創業者であるリオール・ロン氏は、オットーのブランド名を冠したトラックや、同社の技術を採用したトラックが2017年から倉庫や店舗に貨物を輸送することになる、と話した。

ウーバーは、荷主や運送業者、個人営業のトラック運転手への売り込みをすでに始めている。自動運転技術をトラックに搭載するというオットーの当初目標を大幅に上回る規模の事業で、陸送運送会社との競合が予想される。

ウーバーは最終的には、7000億ドルという巨大な市場規模を誇りながら利益率が低いことで知られるトラック運送業界の革新を視野に、ブローカーである第三者ロジスティクス(3PL)大手のC.H.ロビンソンや無数の家族経営運送事業者に挑むことになる。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. Q.子どもは日本の理系の大学に進みたいといいます。帰国生が理系を選択するのは不利になりますか。 ...
  2. 突然ですが、女性の皆さんは、布ナプキンを使ったことはありますか? 実は私は一度も使ったことが...
  3. ご自身が生涯をかけて働き、築き上げ、成長させてきた資産があれば誰もが大切な人に受け継いで欲し...
  4. ある時、SNSを通じてTASKIという教育サポートグループが主催するウェビナーのお知らせが届...
  5. カナダ東部のケベック州は、人口の80%がフランス系移民、フランス語を公用語とする異色の州。そ...
  6. 私は長い間、天国を探して生きてきたような気がする。ほとんど前進していないのろまさだが、一応、...
  7. アメリカで新たな事業を手がける人物をクローズアップするインタビューシリーズ。MBA(経営学修士)クラ...
  8. 代替食品って何? 代替食品とは…… 肉や魚といった動物性の食品を植物性に置き換え、味や見...
ページ上部へ戻る