発泡スチロール容器まだ使用〜ダンキン、撤廃表明して6年

 ダンキンドーナツは6年前、環境保護活動の最優先課題として発泡スチロール製容器の撤廃を宣言したが、今も大半の店で使い続けている。
 
 クリスチャン・サイエンス・モニターによると、発泡スチロールは生産過程で大量の温室効果ガス(GHG)を排出する上、再生利用もできないため海や都市の大きな汚染源となっており、野生の動物が誤って食べて喉に詰まらせ、餓死する原因にもなるため使用を禁止する自治体も増えている。
 
 ダンキンドーナツも、使用が禁止されている地域では比較的リサイクルが可能なポリプロピレンのカップを使っているが、親会社ダンキンブランズの社会的責任担当者によると、全店で導入するにはいくつかの課題がある。1つは発泡スチロールより生産コストが高いこと。また、ダンキンドーナツは大部分がフランチャイズ店であるため、一斉に環境方針に従わせるのが難しいという。
 
 しかしファストフード業界では、すでにフランチャイズ・レストランの大半が発泡スチロールから紙カップに移行しており、2017年までに直営店の比率を10%にすることを目指しているマクドナルドも、13年には発泡スチロールを段階的に廃止して紙カップに変更。このほか、ダンキンドーナツと直接競合するスターバックスは1980年代から紙カップを使っている。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る