現代自、米現法トップを電撃解任

 韓国・現代自動車の米現地法人(HMA)は、デイビッド・ズコウスキー社長を突然解任した。同社は失速する米販売の勢いを取り戻すのに苦しんでいる。
 
 ニューヨーク・タイムズによると、HMAはトップ交代の理由を明らかにしていない。ズコウスキー氏は1カ月前のロサンゼルス自動車ショーで、現代の弱点であるスポーツ多目的車(SUV)の新型車を販売回復の起爆剤として披露したばかりだった。
 
 ズコウスキー氏は2014年初めに社長兼CEOに任命された。当面の間、HMA法務顧問のW・ジェラルド・フラニー氏が暫定社長兼CEOとなる。
 
 現代の16年1〜11月の米販売台数は、前年同期比1.3%増の70万7485台にとどまっている。対照的に同じ現代自グループ傘下の起亜の米販売は、3.8%増の59万3245台と勢いを保っている。
 
 現代は08〜13年、外観を一新したセダン「ソナタ」の人気で急成長を遂げたほか、より小型の「エラントラ」を投入して日米大手自動車メーカーの競合の座を確立した。
 
 しかし、12年に現代と起亜が一部車種の燃費を誇大表示していた事実が発覚。HMAはその1年後、トップのジョン・クラフチック氏を更迭してズコウスキー氏を抜てきした。
 
 ここ数年で米消費者の好みがセダンや小型車からSUVへと移ったが、現代は高級車ブランド「ジェネシス」に投資を集中していた。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る