自動運転車業界、アリゾナに注目 〜規制の厳しいカリフォルニアから脱出

 アリゾナ州は最近、スマート自動車技術業界の拠点となりつつある。
 
 モバイル配車サービス最大手のウーバー(Uber)は先日、スマート自動車事業拠点をカリフォルニアからアリゾナに移転させる計画を明らかにした。無人自動車関連の規制がカリフォルニアより緩いことが最大の要因だ。
 
 JDスープラ・ビジネス・アドバイザー誌によると、アリゾナのダグ・ダースィー州知事は、自動運転車の実験と同事業の運営に関する4つの基本要件を知事令として2015年8月に発布し、カリフォルニアの市や州の規制より事業主に対してやさしい内容を示した。
 
 アリゾナ州政府には、自動運転車監督委員会(Self-Driving Vehicle Oversight Committee)が設置されており、アリゾナ州運輸省と協業しているが、同委員会と同州運輸省は現時点で、知事令に追加する自動運転車関連規制を検討していない。
 
 そういった背景から、アリゾナ州は自動運転技術開発拠点としてこれから台頭する地域になると目される。ウーバーのほかグーグル(Google)でもフェニックスとその周辺で自動運転車の公道実験をすでに実施済みだ。
 
 アリゾナ州運輸省によると、シリコン・バレーで技術開発投資に注力しているフォードとGMもアリゾナ州での実験を計画しており、現在、その手続を進めている。
 
 【http://www.jdsupra.com/legalnews/autonomous-vehicle-industry-advances-in-85823/】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る