自動運転の大規模試験始まる〜欧州11カ国を舞台に

 フォルクスワーゲン(VW)グループを中心とする研究団体は、欧州11カ国の公道で自動運転システムを試験する国際研究事業「L3パイロット」をドイツのヴォルクスブルクで開始した。
 
 VWグループが発表したプレスリリースによると、研究団体は自動車メーカー、サプライヤー、研究機関、大学、中小企業など13の組織で構成され、欧州のさまざまな道路状況で1000人のドライバーが100台の車を走らせ、SAE基準でレベル3(条件付きの自動運転)およびレベル4(高次の自動運転)の技術をテストする。
 
 L3パイロットは、ヨーロッパ大陸で自動運転システムをテストするための、欧州連合(EU)による最も包括的なプロジェクトとなる見込み。VWのほかアウディ、BMW、ダイムラー、フィアット、フォード、ホンダ、ジャガー・ランドローバー、オペル、PSA、ルノー、トヨタ、ボルボ・カーズといった、5〜10年以内に高度または完全な自動運転車の投入を予定するEUの主要プレイヤーはすべて参加しており、サプライヤーにはオートリブ、デルファイ、FEVといった大手が含まれている。
 
 テストする主な機能としては、自動の駐車、追い越し、複雑な都市部での運転など。包括的なテストを実施しながらデータを収集し、技術面、ユーザーの反応、運転や走行の動作、自動運転システムが交通や社会に与える影響などを理解し、自動車メーカーや運転手に対する法規制、特に製造物賠償責任や道路交通法規に関する分析も行う。
 
 4年間のプロジェクトではEUが6800万ユーロの予算を組んでおり、欧州委員会(EC)が3600万ユーロを支援している。
 
 EUプロジェクト・コーディネーターのアリア・エテマード氏は「未来のモビリティ実現につながる広範で総合的なプラットフォームができると確信している。ヨーロッパ中の自動車業界の強力な統合と、移動可能性や自動運転分野の専門家による科学的な支援が、この取り組みを推進させ成功させるだろう」と話している。
 
 【http://www.ihssupplierinsight.com/news/5241994/volkswagen-led-european-research-consortium-launch-l3pilot-automated-driving-project】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る