ダイソン、電気自動車市場に参入へ〜予算30億ドル弱、2020年までに発売

 高級ハイテク掃除機製造大手のダイソン(Dyson)は26日、電気自動車(EV)を2020年までに市場投入する計画を明らかにした。
 
 ダイソンがEV市場に参入する可能性は長らく噂されてきた。今回の発表によって噂ではなく事実となった。
 
 テッククランチ誌によると、同社の創設者であるジェイムズ・ダイソンCEOは、同社製品のトレードマークであるサイクロニック・モーターの技術をEV向けエンジンに応用する計画を社員向け電子メールのなかで説明した。
 
 同社は、会社の目標として、世界の公害を抑制することを掲げている。EV開発計画はその目標の延長線上にある、とダイソン氏は話している。
 
 ダイソン氏によると、同社の掃除機やハンド・ドライヤーに使われているサイクロニック・モーターはもともと、ディーゼル・エンジンの排気を大気中から奪うという同氏の願望から開発された。
 
 当初のその発想は、車のエンジン向けに開発されることはなく、掃除機向けに姿を変えて進化してきた。
 
 ダイソンには、専門分野ごとの開発班がいくつもある。そのなかにはモーターのほか蓄電池もある。蓄電池はEVに欠かせない最重要部品の一つだ。
 
 同社はEV開発専門部隊を編成しており、自動車業界のベテランを多数含む自動車工学や電子機器、電池の技術者らを雇って、EV開発部隊の拡充に注力してきた。現在、同部署に配属された専門家の数は400人を超える。同社は、EV開発予算として30億ドル弱を投資する。
 
 【https://techcrunch.com/2017/09/26/dyson-is-working-on-an-electric-car-set-to-launch-by-2020/】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る