1四半期に800万本以上の動画を削除 〜ユーチューブ、悪質コンテント排除を強化

 グーグル(Google)傘下のユーチューブ(YouTube)は、2017年第4四半期(10〜12 月)だけで計800万本以上の動画を削除したことを明らかにした。それらの動画は、グーグルが規定した利用社会指針(community guidelines、利用規約)に違反したため削除された。
 
 CNNによると、削除動画の大部分は、迷惑動画(情報や中身がなく宣伝だけを狙ったもの)や性的動画で占められた。ユーチューブのプラットフォームは、比較的簡単な手続きでだれでも動画を投稿できるため、問題のあるコンテントを視聴前に削除することはきわめて難しかった。
 
 しかし、同社は近年に、問題動画を特定するソフトウェアや自動化システムを導入して対策を強化したことで、問題動画の特定と削除効率が大幅に向上したと説明した。
 
 ユーチューブの発表によると、機械視認システムによって約670万本の動画が問題ありと判断され、そのうち76%が視聴される前に削除された。そのほか、利用者や各種の団体、政府機関からの通報を受けて削除された動画が約160万本あった。
 
 通報によって削除された動画はソフトウェアでは規約違反が特定されなかった。視聴される前に削除できた動画は約500万本に達した。
 
 昨今、悪質コンテントに広告が表示されたことに憤慨する広告主が増えており、ユーチューブでは悪質動画の削除に追われている。
 
 プロクター&ギャンブルやアンダー・アーマーは、問題のある動画に自社広告が表示されたことをユーチューブに抗議するとともに、ユーチューブでの広告出稿を中断する措置をとることで企業印象悪化防止に努めた。
 
 CNNが独自に実施した調査によると、白人至上主義やナチス、小児性愛(ロリコン)、北朝鮮の政治広報、宗教的憎悪、過激思想、ISIS紹介および勧誘、暴力といった内容の動画に300以上の会社や団体、組織の広告が表示されていた。
 
 グーグルでは、問題動画削除をユーチューブ・プラットフォームから削除することを強化するために、2018年末にまでに1万人を増員する方針を打ち出し、広告主たちからの信用回復に努めている。
 
 【http://money.cnn.com/2018/04/23/technology/youtube-community-guidelines-report/index.html】(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-11-1

    仕掛け人に聞く 日本の食ニューウェーブ

    穀物 Hakubaku 健康で豊かな食生活実現に貢献したい 日本国...
  2. 2019-9-30

    押さえておきたい バイリンガル教育のカギ

    幼児期の日本語教育は 人格形成の大事なステージ 幼児期は、どのように過ごすか...
  3. 2017-10-2

    大学生の年齢が上昇中?学びたい大人たち

    2009年のNational Center for Education Statistics...
  4. 2016-9-5

    子役の演技にぶっ飛ぶ 「Pete’s Dragon」 (8月12日公開)

    1977年にディズニーが製作した実写とアニメの同名合成映画のリメイクとなる本作は、ドラゴンと...
  5. 2015-10-26

    第86回 カリフォルニアのビーチ事情

     颯爽とかっこよくサーフボードに乗りサーフィンする犬。砂浜で仲間と楽しそうにたわむれ、水しぶきを浴び...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る