ツイッター、個人情報保護を強化 〜EUのGDPR発効に先駆け指針を改定

 ツイッター(Twitter)は同社のサービス利用規約(TOS=terms of service)とプライバシー保護指針を24日に変更した。ツイッター利用者はそれによって、自分の個人情報がどのように使われるかを確認できるようになる。
 
 マーテック・トゥデイ誌によると、今回の変更は、欧州連合(EU)が5月25日に発効させる一般データ保護規則(General Data Protection Regulation=GDPR)への準拠を図るもので、GDPR発効に先駆けて実施される。
 
 GDPRは、EU加盟国で暮らす個人のデータ保護強化を目的に策定された。EU内企業または欧州内の非EU加盟国で活動する企業からデータを受信する全企業に適用され、すべてのデジタル通信と取り引きが対象となる。GDPRを遵守しない企業には高額罰金が科せられる。 ツイッターは今回の変更について、個人情報の保護方針を明確にすると同時に使いやすくことが目的だと話した。
 
 【https://martechtoday.com/twitter-updates-tos-and-privacy-policy-to-comply-with-gdpr-214517】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-11-1

    第50回 大学進学にはボランティア

    ニナが高校に入学して1カ月。私は彼女に「ボランティア活動のクラブに入って」とリクエストした。...
  2. 2017-2-1

    日本の食 自然志向最前線

    加熱処理しない 酵母や酵素が生きている味噌 Miso  以前はSoybean pa...
  3. 2017-8-5

    第106回 Dementia(認知症)

     愛犬ジュリエットが13歳を超えた頃から、「おかしな行動」を見せるようになりました。部屋の隅...
  4. 2017-9-3

    第154回 生命保険に加入しない理由?

    今までにも何度も紹介していますが、生命保険は誰にとっても必要な保険です。多数の顧客と話をした...
  5. 2016-11-1

    高品質、高機能、環境対応型のコンセプト提示 キャッチは“You’ll be Back”

    前倒しで米国進出した経緯は? 日本にて一番のホテルチェーンに認識されるまでになったら、いずれ海...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る