17年の世界ワイン生産、60年ぶり低水準

 2017年はワインの世界生産量が過去60年で最低だったことが、国際ぶどう・ぶどう酒機構(OIV、本部パリ)のまとめで分かった。欧州の天候不順が主な要因。
 
 ロイター通信によると、17年の世界生産量は前年比8.6%減の2億5000万ヘクトリットル(hl)と、1億7380万hlだった1957年以降で最も少なかった。1hlは100リットルで、標準的な750ミリリットルのボトルだと133本強に相当する。欧州連合(EU)では、主要ワイン生産国がいずれも悪天候に見舞われ、生産量が14.6%減の1億4100万hlにとどまった。OIVの推定では、イタリアは17%減の4250万hl、フランスは19%減の3670万hl、スペインは20%減の3210万hlだった。
 
 フランス政府は「ボルドーやシャンパーニュといった主要生産地のほとんどが春の霜や干ばつ、暴風などの影響を受けたため、17年の生産は記録的な低水準だった」と説明する。これに対し、生産量世界4位の米国と7位の中国は比較的生産 が安定していた。5位はオーストラリア、6位はアルゼンチン。
 
 南米は傾向にばらつきが見られ、16年の生産量が非常に少なかったアルゼンチンは25%増加したが、チリは6%減少した。
 
 ワインの世界消費量は1.8%増加の2億4300万hlで、最大消費国は米国(3260万 hl)、2位はフランス(2700万hl)だった。消費量の伸びは中国が3年連続で首位となり、3.5%増の1790万hlだった。輸出量はスペインが市場の20.5%を抑えて首位を維持したが、輸出高ではフランスが90億ユーロで首位を守っている。世界輸出量は3.4%増の1億790万hl、輸出高は4.8%増の3000億ユーロだった。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2018-12-13

    Tajima America Corporationアメリカのビジネスは、今

    多頭式刺繍機の総合メーカーTajima America Corporationのプレジデント富永稔さ...
  2. 2016-7-1

    ガラパゴスの旅〜後編

    6日目 サンタフェ島 ↓ サウスプラザ島  海の動物にも興奮させられる。...
  3. 2016-12-1

    知っておきたい基本情報 アメリカの保険

    万が一に備え十分な補償額を 自動車保険  公共交通機関が整備されていない地域もあるア...
  4. 2017-4-2

    米国での日本食の在り方は 今後10年でさらに変わる

    金融から食の世界へ  西本Wismettacグループに参画し、今年で7年目となります。...
  5. 2017-7-1

    ロサンゼルスの元敬老ホームのその後 日本のテレビが関係者に現地取材敢行

    本誌3月号では、売却されたロサンゼルスの元敬老ホームを日系社会に取り戻す活動を続ける「高齢者を守る会...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る