メルセデスもサブスクリプション開始

 メルセデスベンツはテネシー州ナッシュビルとペンシルベニア州フィラデルフィアで会員制の車両貸し出し(サブスクリプション)サービスを始めた。すでに開始しているポルシェ、BMW、キャデラックより低い料金設定で対抗する。
 
 オートモーティブ・ニュースによると、サービスの名称は「メルセデスベンツ・コレクション」。2年にわたって実験的に行うサービスで、会員は月額制で30種のメルセデス車を利用できる。メルセデスベンツUSAと金融部門メルセデスベンツ・フィナンシャル・サービシズUSAが運営する。
 
 サブスクリプション・サービスは自動車所有の新しい形で、1台の車をレンタルまたはリースするのではなく、違う車を好きなように乗り換えられるのが特徴。保険やメンテナンス代などが含まれるため、月々の支払いは従来のリース契 約より高くなる。
 
 メルセデスベンツUSAのディトマー・エクスラーCEOは、サービス会員は「さまざまな機会にいろんな車が運転できる。 ふさわしい場面にふさわしい車があるというぜいたくが楽しめる」と説明した。
 
 メルセデスのサービスには「シグニチャー」「リザーブ」「プレミア」の3プランがあり、入会金495ドルのほか月料金は1095〜2995ドル。BMWの月料金は2000〜3700ドル、ポルシェは2000〜3000ドルとなっている。1プランだけ提供するキャデラックは、入会金500ドルに月料金が1800ドル。
 
 メルセデスベンツ・コレクションの会員は、SUV、クロスオーバー、セダン、クーペ、カブリオレ、ロードスター、ワゴンの選択肢が与えられる。高性能のメルセデスAMGモデルも、各プランで用意されている。
 
 会員は、スマートフォン・アプリを使って車両が選択でき、すべての車は洗車・掃除済み、燃料も満タンで引き渡され、24時間の路上支援サービスもついて いる。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Vrbo Japan
Universal Mobile

注目の記事

  1. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  2. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  3. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  4. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  5. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  6. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  7. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  8. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  9. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  10. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
ページ上部へ戻る