ボルトEVを20%増産へ〜GM、10-12月期に

 GMは3日、ハッチバック型電気自動車(EV)「シボレー・ボルト(Bolt)」の需要が国内外ともに高いことから、2018年第4四半期の生産台数を前3四半期の平均より20%増やすと発表した。
 
 カート・マクニール副社長(米国販売担当)はプレスリリースで「米国、カナダ、韓国を中心にボルトEVの需要が生産を上回っている。生産の増強は、世界のボルトEV販売を伸ばし続け、米国ディーラーの在庫を再構築し、世界が当社のゼ ロエミッション構想に一歩近づくのに役立つはずだ」と述べた。GMによると、ボルトEVの世界販売台数は第2四半期に前年同期比35%近く、上半期は40%以上それぞれ増加した。
 
 ボルトEVは16年12月に米国の一部の州で発売され、17年9月に全米で購入可能になった。価格は3万7500ドル(7500ドルの連邦税優遇適用後)で、航続距離は238マイル。対抗するEVモデルには日産「リーフ」やテスラ「モデル3」などがあ る。
 
 GMはボルトの車台を使った新モデルの発売も計画しているもよう。17年6月には、自動運転技術を搭載したボルトEVの試験車両を130台製作している。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る