ボルトEVを20%増産へ〜GM、10-12月期に

 GMは3日、ハッチバック型電気自動車(EV)「シボレー・ボルト(Bolt)」の需要が国内外ともに高いことから、2018年第4四半期の生産台数を前3四半期の平均より20%増やすと発表した。
 
 カート・マクニール副社長(米国販売担当)はプレスリリースで「米国、カナダ、韓国を中心にボルトEVの需要が生産を上回っている。生産の増強は、世界のボルトEV販売を伸ばし続け、米国ディーラーの在庫を再構築し、世界が当社のゼ ロエミッション構想に一歩近づくのに役立つはずだ」と述べた。GMによると、ボルトEVの世界販売台数は第2四半期に前年同期比35%近く、上半期は40%以上それぞれ増加した。
 
 ボルトEVは16年12月に米国の一部の州で発売され、17年9月に全米で購入可能になった。価格は3万7500ドル(7500ドルの連邦税優遇適用後)で、航続距離は238マイル。対抗するEVモデルには日産「リーフ」やテスラ「モデル3」などがあ る。
 
 GMはボルトの車台を使った新モデルの発売も計画しているもよう。17年6月には、自動運転技術を搭載したボルトEVの試験車両を130台製作している。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-6-1

    2017 知っておくべき アメリカ移民法最新事情

    永住権を失効させないための注意点は? 質問者:永住権保持者 取り消されるこ...
  2. 2017-12-3

    Q&A 怒りの感情について

    質問:感情のコントロールについてご相談します。私は自分のプライドを傷つけられると、怒りの感情...
  3. 2017-9-4

    鮭のちゃんちゃん焼き うどんdeみたらし団子

    まだ暑い9月ですが、一足先に秋のメニューをご紹介します。主菜には、北海道の郷土料理、ちゃんちゃん焼き...
  4. 2018-3-6

    第58回 待っているものがある

     テクノロジーの発展で、人々の働き方も生活の仕方も激変している。買い物は自宅のPCからアマゾ...
  5. 2018-4-1

    諦めない! アメリカでの日本語教育

     アメリカの現地校に通い、アメリカで暮らしていると、日本語を使う機会はお母さんと話す程度...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る