クロスオーバー人気、乗用車やトラック上回る

 過去2年間のガソリン価格の上昇にもかかわらず、クロスオーバー車の人気が乗用車やバン、SUVなどほかの軽量自動車(LDV)を上回っていることが、連邦エネルギー情報局(EIA)のまとめで分かった。
 
 グリーンカー・コングレスによると、クロスオーバー車の販売台数は2017年9月以降、毎月ほかのLDVを上回っている。クロスオーバーは乗用車の車台を使った小型のSUVで、車高や車内空間はトラック車台のSUVに近いが、燃費は同じ車台 の乗用車よりわずかに劣る程度となっている。
 
 ピックアップ・トラックやSUVは、セダンや多くのクロスオーバーより燃費は悪いものの、近年の販売シェアは比較的安定しており、特にピックアップは少し増えている。
 
 クロスオーバーと乗用車は同じ車台を使っているが、たとえ同じエンジンや変速機を搭載してもクロスオーバーの燃費は同クラスのセダン(例えば「トヨタ RAV4」クロスオーバーと「トヨタカムリ」セダン)に比べると少し劣ることが多 い。しかし、乗用車からクロスオーバーへの人気の移行は、1990年代から2000年代初めの乗用車からSUVへの移行に比べると燃料消費に与える影響は小さい。
 
 また、年間の燃料代の違いは比較的小さいため、最近のリセッション(景気後 退)末期の09年に燃費の悪いSUVから乗用車やクロスオーバーへの乗り換えが進んだような購入習慣の大きな変化にも至っていない。当時は年に1万5000マイル 走行する場合、燃費が20マイル/ガロン(mpg)の車を30mpgの車に買い換えれば年間のガソリン消費量を250ガロン減らすことができ、500ドル(1ガロン=2ドル)から1000ドル(同4ドル)を節約できた。
 
 しかし、クロスオーバーの燃費はSUVやピックアップより乗用車に近く、燃費が向上すれば燃料消費量の削減効果が薄まる。例えば年に1万5000マイルを走行する人の年間ガソリン消費量は、35mpgのセダンの場合は約429ガロン、30mpgの クロスオーバーに乗った場合は500ガロンで、違いは71ガロンにとどまり、ガソリン価格が2〜4ドルの場合、年間節約額は143〜285ドルとなる。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る