Disco International

車のAI市場、25年には265億ドル市場に

2017年に12億ドルだった自動車用の人工知能(AI)市場は、25年には265億ドルに拡大するとの見通しを市場分析のトラクティカ(Tractica)が発表した。

グリーン・カー・コングレスによると、自動車AI市場はハードウェア、ソフトウェア、サービスで構成される。トラクティカの最新報告書によると、自動車は人間の動きを模倣、増強、支援するためのAIの活用では最先端を行く業界の1つで、AIの反応時間の早さや機械ベースのシステムの精度の高さもうまく利用しており、現在の半自動運転車や将来の完全自動運転車はAIシステムに大きく依存することになる。

AIは、自動運転のほかにドライバーや同乗者の車内体験をより便利で安全にするためにも使われており、自然言語処理(NLP)と機械学習技術を駆使した車内支援は、車両システムが音声による指示に反応して人の助けがなくてもどんな動きをするべきかを推察できる。

ただし自動運転や車内支援は、技術的に可能でも安全懸念には十分配慮する必要がある。従ってこうしたAIシステムはユーザーが誤作動や継ぎ目のない体験を楽しめるよう徐々に導入される可能性があると考えられる。

トラクティカの報告書は、17〜25年の自動車業界におけるAIのハード、ソフト、サービスに関する詳細な予測を提供しており、テクノロジーには機械学習、深層学習、NLP、コンピューター・ビジョン、機械推論、強力なAIなどが含まれている。

予想は、世界を地域別に分けて、車載AIの主要なユースケース15件をカバーしているほか、車載AI市場のエコシステムに関わる主要プレイヤー31社の業務内容にも言及している。

http://www.greencarcongress.com/2018/08/20180817-tractica.html (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  2. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  3. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  4. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  5. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  6. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  7. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  8. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  9. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  10. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
ページ上部へ戻る