ダイソン、車にも「デジタルモーター」使用へ

2020年までに電気自動車(EV)を発売する計画を明らかにしている英家電メーカーのダイソン(Dyson)は、同社の技術「デジタルモーター(DigitalMotor)」を欧州連合(EU)当局に商標登録したことが分かった。もともと掃除機用に開発した技術だが、名称の適用分野には自動車も含まれている。

オートモーティブ・ニュースによると、ダイソンのデジタルモーターは一般的には「ブラシレスDCモーター」と呼ばれる装置で、模型などに使われる一般的なACモーターと比べると回転子(ローター)が永久磁石、固定子がコイル(電磁石)と配置が逆で、ブラシや整流子は不要。その代わりコイルへの電流を切り替えるタイミングを合わせる制御機構が必要になる。現在、市場に出回っている多くのタイプのEVにも同種のモーターが使われている。

ダイソンの申請によると、デジタルモーターの商標は自動車とそれ以外の機械に適用される。同社が自動車関連で商標を登録するのは初めて。同社は19年に独自のEVを完成させ、翌年に発売する計画で、EV部門を300人増員して開発の勢いを強める考えだ。

電気掃除機、ハンドドライヤーの大手メーカーであるダイソンは、すでにEV開発では400人を抱えている。しかし300人の増員に備え、ハラビントンの英空軍基地跡地に施設をそうとしている。敷地面積は750エーカーで、英国におけるダイソンの第2の研究開発拠点になる。

同社はすでに3年以上EVプロジェクトに取り組んでおり、3モデルの生産を予定する。最初の車両は1万台以下という少数生産モデルとなる。創業者のジェイムズ・ダイソン氏によると、最初のモデルの価格は高級車並みになる予定だが、スポーツカーではないという。電源には固体電池技術を用いる予定。

https://www.autocar.co.uk/car-news/new-cars/dyson-electric-car-2020 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  2. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  3. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  4. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  5. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  6. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  7. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  8. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
ページ上部へ戻る