英ダイソン、シンガポールでEV製造へ

高級掃除機で知られる英家電メーカーのダイソン(Dyson)は、同社独自のEVをシンガポールで製造すると発表した。アジアの顧客と部品の供給チェーン、優秀な労働力に近いことを理由に挙げている。

ロイター通信によると、ダイソンは2階建ての工場を2020年までに建設し、その1年後には生産を開始する。既にシンガポールで1100人前後を雇用し、年間2100万個のデジタル電動モーターを製造している。

創業者のジェイムズ・ダイソン氏(71)は、16年の英国民投票でEUからの離脱を支持したことでも知られる。ダイソンはアジアでヘアドライヤー、空気浄化システム、羽なし扇風機などを製造しているが、研究開発(R&D)部門は英国にとどめている。

ダイソンは17年、R&D部門が2年以上にわたってひそかにEVの開発を進めており、総事業費は26億ドルに上ることを明らかにした。ダイソン氏は当時、同社の車がほかとは違うものになり「決して安くはならない」と語ったが、デザインはまだ発表されていない。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る