ゴールドマン・サックス、TBMに投資 〜 今後1年で日本の新興企業十数社に投資へ

ゴールドマン・サックス・グループ(Goldman Sachs Group)は15日、東京拠点の新興企業TBMに投資することを明らかにした。

TBMは、紙やプラスチックに代わる新素材のライメックス(LIMEX)を開発したことで名声を上げた。「石でできた紙」というふれこみのライメックスは、灰石とポリオレフィン樹脂の合成素材。同社はそれを使って名刺やポスター、カタログをつくっている。 ライメックスは、木を原料とせず水をまったく使わないことが特徴。

ブルームバーグによると、TBMは、総額31億円の第三者割当増資を実施する計画で、ゴールドマン・サックスはその一部を引き受けることで合意した。

報道によると、ゴールドマン・サックスは、日本の将来有望の新興企業10〜15社に2019年末までに投資する計画を進めている。特に、環境配慮に貢献する技術で世界的競争力を持つ新興企業に照準する方針。

ゴールドマン・サックスは同投資計画に関する今後の見通しについて取材に答えなかった。

TBMの山崎敦義社長は、2020年までに新規株式公開(IPO)したい考え。ゴールドマン・サックスの投資担当者らは、過去3年間にTBMを何度も訪問して有望性を精査してきた。その結果、IPOの行方にかかわらず、TBMがユニコーン(企業評価額が10億ドルを超える非上場新興企業)になる可能性が高い、と判断した。

【https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-11-15/goldman-sachs-investing-in-startup-that-makes-paper-from-stones】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 文/カロリーナ A. フォーノス、マーク R. ヘレラー、マリア T. ガレノ、アダム マルク 有...
  2. 注)情報はすべて2020年11月15日現在のものです。最新情報は専門家にお問い合わせください。 ...
  3. 「栄養バランスの取れたおいしい和食を家庭で簡単に」。ニューヨークに4店舗を構える日本の弁当専...
  4. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  5. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  6. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  7. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  8. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
ページ上部へ戻る