ゴールドマン・サックス、TBMに投資 〜 今後1年で日本の新興企業十数社に投資へ

ゴールドマン・サックス・グループ(Goldman Sachs Group)は15日、東京拠点の新興企業TBMに投資することを明らかにした。

TBMは、紙やプラスチックに代わる新素材のライメックス(LIMEX)を開発したことで名声を上げた。「石でできた紙」というふれこみのライメックスは、灰石とポリオレフィン樹脂の合成素材。同社はそれを使って名刺やポスター、カタログをつくっている。 ライメックスは、木を原料とせず水をまったく使わないことが特徴。

ブルームバーグによると、TBMは、総額31億円の第三者割当増資を実施する計画で、ゴールドマン・サックスはその一部を引き受けることで合意した。

報道によると、ゴールドマン・サックスは、日本の将来有望の新興企業10〜15社に2019年末までに投資する計画を進めている。特に、環境配慮に貢献する技術で世界的競争力を持つ新興企業に照準する方針。

ゴールドマン・サックスは同投資計画に関する今後の見通しについて取材に答えなかった。

TBMの山崎敦義社長は、2020年までに新規株式公開(IPO)したい考え。ゴールドマン・サックスの投資担当者らは、過去3年間にTBMを何度も訪問して有望性を精査してきた。その結果、IPOの行方にかかわらず、TBMがユニコーン(企業評価額が10億ドルを超える非上場新興企業)になる可能性が高い、と判断した。

【https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-11-15/goldman-sachs-investing-in-startup-that-makes-paper-from-stones】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  2. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  3. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
  4. ニューメキシコ州の南東部、テキサス州との境に位置するグアダループ山脈の麓には、地底に広がる鍾...
  5. 2021年10月4日

    就職&転職ガイド
    転職大国アメリカの労働市場 アメリカでは転職がごく一般的。United States Depa...
  6. 偶然出会ったシンクロが人生の糧に シンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング...
  7. 相手の過失で事故に巻き込まれた場合でもご自身の過失で事故を起こしてしまった場合でも、共通した...
  8. 2021年8月9日

    課外活動の重み
    日米の学校や受験システムの違いで実感するのが、生徒の活動への取り組みに対して、日本では短期的...
ページ上部へ戻る