エネルギー省、蓄電池再利用のR&D拠点開設

エネルギー省は、リチウムイオン電池の再利用センターをアルゴンヌ国立研究所(イリノイ州)内に開設した。

グリーンカー・コングレスによると、施設の名称はリセル・センター(ReCell Center)。リチウムイオン電池から回収した素材を新しい電池に再利用でき、これで生産コストを10~30%抑えられる見込み。同省が掲げる電力量1キロワット時 (kwh)あたり80ドル以下という目標に近づける。

リセル・センターは、同省初の先進的バッテリー再生研究事業で、同省傘下のアルゴンヌ、国立再生可能エネルギー研究所、オークリッジ国立研究所のほか、ウースター工科大学、カリフォルニア大学サンディエゴ校、ミシガン工科大学との共同事業になる。

製造業者、自動車メーカー、資源再生業者、バッテリーのライフサイクル管理サービス業者、材料サプライヤーといったバッテリー流通を構成する企業がパートナーとなり、リセル・センターの研究開発に協力する。同センターは今後3年間、1500万ドルの補助金で運営される。

センターのパートナー企業は、利益を生むリチウムイオン電池再生事業の確立を目指し、以下の4つ分野に焦点を当てる。

1)正極材を、費用がかかる再加工の必要なしで新しいバッテリー生産に利用する。
2)ほかのバッテリー材料を回収し、効率的に再利用する技術を開発する。
3)新しいバッテリーは、将来のリサイクルが容易なデザインにする。
4)研究開発を効率的に行い、センター内の活動を評価するため分析ツールも同時に開発、活用する。

リセル・センターは、産学官の専門家による共同研究の場として利用される。センターではそれぞれの研究所にはない研究開発のツールを用い、将来的に商業活用される技術を開発する。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-6-1

    2017 知っておくべき アメリカ移民法最新事情

    永住権を失効させないための注意点は? 質問者:永住権保持者 取り消されるこ...
  2. 2017-7-1

    第152回 車のフロントガラスの修理について

    前を走っている車が跳ねた石が、車のフロントガラスに当たって傷がついた経験がある人も多いと思い...
  3. 2018-3-2

    移民が注意するべき「司法取引」

     アメリカの刑事裁判には、司法取引という制度があります。よく映画などで見られる「罪を認めるなら罰...
  4. 2016-8-7

    アメリカで手に入る 食材で日本の味を

    FL:今、日本でどんな活動を行っているのでしょう? 料理はそのうちどれくらいの割合ですか? ...
  5. 2017-10-2

    大学生の年齢が上昇中?学びたい大人たち

    2009年のNational Center for Education Statistics...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る