エネルギー省、蓄電池再利用のR&D拠点開設

エネルギー省は、リチウムイオン電池の再利用センターをアルゴンヌ国立研究所(イリノイ州)内に開設した。

グリーンカー・コングレスによると、施設の名称はリセル・センター(ReCell Center)。リチウムイオン電池から回収した素材を新しい電池に再利用でき、これで生産コストを10~30%抑えられる見込み。同省が掲げる電力量1キロワット時 (kwh)あたり80ドル以下という目標に近づける。

リセル・センターは、同省初の先進的バッテリー再生研究事業で、同省傘下のアルゴンヌ、国立再生可能エネルギー研究所、オークリッジ国立研究所のほか、ウースター工科大学、カリフォルニア大学サンディエゴ校、ミシガン工科大学との共同事業になる。

製造業者、自動車メーカー、資源再生業者、バッテリーのライフサイクル管理サービス業者、材料サプライヤーといったバッテリー流通を構成する企業がパートナーとなり、リセル・センターの研究開発に協力する。同センターは今後3年間、1500万ドルの補助金で運営される。

センターのパートナー企業は、利益を生むリチウムイオン電池再生事業の確立を目指し、以下の4つ分野に焦点を当てる。

1)正極材を、費用がかかる再加工の必要なしで新しいバッテリー生産に利用する。
2)ほかのバッテリー材料を回収し、効率的に再利用する技術を開発する。
3)新しいバッテリーは、将来のリサイクルが容易なデザインにする。
4)研究開発を効率的に行い、センター内の活動を評価するため分析ツールも同時に開発、活用する。

リセル・センターは、産学官の専門家による共同研究の場として利用される。センターではそれぞれの研究所にはない研究開発のツールを用い、将来的に商業活用される技術を開発する。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  2. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  3. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  4. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  5. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  6. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  7. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  8. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
ページ上部へ戻る