エネルギー省、蓄電池再利用のR&D拠点開設

エネルギー省は、リチウムイオン電池の再利用センターをアルゴンヌ国立研究所(イリノイ州)内に開設した。

グリーンカー・コングレスによると、施設の名称はリセル・センター(ReCell Center)。リチウムイオン電池から回収した素材を新しい電池に再利用でき、これで生産コストを10~30%抑えられる見込み。同省が掲げる電力量1キロワット時 (kwh)あたり80ドル以下という目標に近づける。

リセル・センターは、同省初の先進的バッテリー再生研究事業で、同省傘下のアルゴンヌ、国立再生可能エネルギー研究所、オークリッジ国立研究所のほか、ウースター工科大学、カリフォルニア大学サンディエゴ校、ミシガン工科大学との共同事業になる。

製造業者、自動車メーカー、資源再生業者、バッテリーのライフサイクル管理サービス業者、材料サプライヤーといったバッテリー流通を構成する企業がパートナーとなり、リセル・センターの研究開発に協力する。同センターは今後3年間、1500万ドルの補助金で運営される。

センターのパートナー企業は、利益を生むリチウムイオン電池再生事業の確立を目指し、以下の4つ分野に焦点を当てる。

1)正極材を、費用がかかる再加工の必要なしで新しいバッテリー生産に利用する。
2)ほかのバッテリー材料を回収し、効率的に再利用する技術を開発する。
3)新しいバッテリーは、将来のリサイクルが容易なデザインにする。
4)研究開発を効率的に行い、センター内の活動を評価するため分析ツールも同時に開発、活用する。

リセル・センターは、産学官の専門家による共同研究の場として利用される。センターではそれぞれの研究所にはない研究開発のツールを用い、将来的に商業活用される技術を開発する。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  2. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  3. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  4. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  5. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  6. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  7. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  8. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
ページ上部へ戻る