米墨国境の通関手続きに遅れ ~ 北向きの通過車両は半減

米メキシコ国境の通関の遅れで、米国向け物資の輸送が滞り、自動車産業が大きな打撃を受ける恐れがある。現在、1週間に国境を通過する米国行きトラックは以前の半分に減っている。

ロイター通信によると、税関国境取締局(CBP)は3月、メキシコ経由で米入国を目指す移民の急増に対処するため、職員約750人を通関部門から入国管理部門に異動させる決定をした。この結果、毎日17億ドル分の商品を検査する税関の作業が大幅に遅れるようになった。

メキシコ自動車工業会(AMIA)のエドゥアルド・ソリス会長は8日、「(テキサス州エルパソと国境を接するメキシコの)シウダーフアレスの状況は非常に深刻で、自動車部品がここで滞って不利益を被るのは米国の工場だ」と話した。北米の自動車産業は高度に統合されており、多くの自動車部品は最終組み立てまでに何度も国境を越える。

メキシコ貨物輸送会議所のマニュエル・ソテロ副会頭は「8日の朝にエルパソ検問所が開く17時間も前からシウダーフアレスではトラックの列ができていた。前週はトレイラー約7500台が国境を通過できず、その二の舞とならないためだ」 と話した。通常なら1週間に1万5000台前後が米国側に入国し、自動車や飛行機の部品から冷蔵庫、洗濯機、テレビ、携帯電話、コンピューターまであらゆる物資を運んでいる。「これは普通ではない。シウダーフアレスでこんな状況を見たことがない」(ソテロ氏)。

メキシコの輸出業者の一部は、トラック輸送を避け、コストがかかる空輸に目を向けている。シウダーフアレスの製造業団体インデックスのペドロ・チャビラ代表は「われわれは商品の量と内容によって3万5000ドルから10万ドルするチャーター機を使っている」と話した。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-10-2

    第45回 日本のワイン品評会を評価する

     今年も8月に開催された『 ジャパン・ワイン・チャレンジ(JWC)』に招待され、審査員を務め...
  2. 2015-6-5

    “Live Your Dream” 「夢を生きる テイラー・アンダーソン物語」レジー・ライフ監督に聞く

     東日本大震災で犠牲になったアメリカ人、テイラーさん(当時24歳)の生涯を、家族や恋人、友人...
  3. 2018-2-7

    第65回 学校の環境とそこでの出会い

    2017年秋、南カリフォルニア日系商工会議所の前会頭だったキティ・サンキーさんが、長年の地元...
  4. 2019-10-2

    短期集中連載 第4回 ポジティブ皮膚科学・応用編 パワーエリートをつくるための「皮膚科学×スポーツ科学」総論

    私は「ポジティブ皮膚科学」という概念を提唱しています。人々の心を明るく、気持ちを前向きにする...
  5. 2016-10-8

    第143回 旅行保険について

     旅行の際に大変役に立つ保険を紹介します。Travel Insurance, Trip In...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る