フォードの迷いは時代の反映 ~ ミシガン工場でEV生産へ

フォードはミシガン州フラットロック工場で今後数年間に生産する車について、EVかAV(自動運転車)か迷った末にEVと決めた。将来のモビリティーにはどのタイプの車が最適なのか、どれを選べば生き残れるかを簡単に決められない様子は、自動車産業の今を反映している。

■二転三転

オートモーティブ・ニュースによると、フォードは17年後半、自動運転の商用車を増やすという戦略に基づき、フラットロック工場にAV生産スペースを増やそうと決定。予定していたクロスオーバーEVの生産をメキシコに移した。ところが、北米にはもう1つEV生産ラインが必要ということになり、フラットロックを選んだ。予定されていたAV商用車生産は、ミシガン州南東部の工場に移す。

慌ただしい動きは、実証されていない先進技術の需要の判断は難しく、計画が二転三転することをよく表している。多くのメーカーは、消費者は「ロボットカー(AV)」への恐怖を克服する、売れ行きの悪いEVもいずれは受け入れられると、数兆ドル単位の賭けを続けている。

オートトレーダーのエグゼクティブアナリスト、ミシェル・クレブス氏は「EVは売れ行きが振るわないが、多くの人がいずれ伸びると確信している。AVに関しては、飛び立つまでの滑走路が予想よりずっと長いことが明らかになりつつある」と話す。

■AV計画は不透明

フォードは、食料品をはじめとする商品の配達に使えるAVを21年に発売すると言い続けている。メキシコ工場では、スポーツ車「マスタング」の流れをくむクロスオーバーEVが20年から生産される予定だ。

フラットロックでは、23年までに9億ドルを投じ、17年当時の発表通り900人を新規に雇用する予定だ。生産するのはAVでなく「マスタング」のEVモデルになる。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  2. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  3. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  4. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  5. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  6. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  7. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  8. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
  9. 2020年1月1日よりカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)対象企業は、公表してい...
  10. 2020年4月1日

    第81回 日本語の継承
    今回は「アメリカの学校」ではなく、「アメリカで育つ二世の子どもたちの日本語教育」というテーマ...
ページ上部へ戻る