FAA、ドローン宅配を初認可 ~ アルファベット傘下ウィング

連邦航空局(FAA)は23日、アルファベット傘下のウィング・アビエイション (Wing Aviation、テキサス州拠点)にドローンを使った宅配サービスを年内にバージニア州で開始する認可を与えた。

航空事業者としてドローンによる商業輸送を認められたのは同社が初めて。

ロイター通信によると、ウィングは同州ブラックスバーグで、地元企業などから住宅に向けた商品の宅配サービスを年内に始める予定。同社は運輸省の無人航空機システム統合パイロットプログラムを通じて、バージニア工科大学および同校の無人航空機試験場「ミッドアトランティック航空パートナーシップ」と提携している。

FAA認証は2年間有効。パイロット1人が一度に最大5機のドローンを操作できるが、危険物を運んだり、人の上空で静止することはできない。

FAAは、ウィングが幅広いデータと書類、そしてオーストラリアで行った何千回もの飛行実験によって当局の安全基準を満たしていることを証明したと説明した。 ウィングは、食料品宅配の試験を始める前に地域住民の意見を聞き、営業に役立てる方針だという。

ウィングは最近、オーストラリアのキャンベラ北部でドローンによる宅配サービスを開始した。欧州でも、フィンランドのヘルシンキで宅配の試験飛行を始める予定。

同社によると、無人機を使った配達が歩行者に危害を及ぼすリスクは、車で行う場合より低いことがデータで示されたという。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る