FAA、ドローン宅配を初認可 ~ アルファベット傘下ウィング

連邦航空局(FAA)は23日、アルファベット傘下のウィング・アビエイション (Wing Aviation、テキサス州拠点)にドローンを使った宅配サービスを年内にバージニア州で開始する認可を与えた。

航空事業者としてドローンによる商業輸送を認められたのは同社が初めて。

ロイター通信によると、ウィングは同州ブラックスバーグで、地元企業などから住宅に向けた商品の宅配サービスを年内に始める予定。同社は運輸省の無人航空機システム統合パイロットプログラムを通じて、バージニア工科大学および同校の無人航空機試験場「ミッドアトランティック航空パートナーシップ」と提携している。

FAA認証は2年間有効。パイロット1人が一度に最大5機のドローンを操作できるが、危険物を運んだり、人の上空で静止することはできない。

FAAは、ウィングが幅広いデータと書類、そしてオーストラリアで行った何千回もの飛行実験によって当局の安全基準を満たしていることを証明したと説明した。 ウィングは、食料品宅配の試験を始める前に地域住民の意見を聞き、営業に役立てる方針だという。

ウィングは最近、オーストラリアのキャンベラ北部でドローンによる宅配サービスを開始した。欧州でも、フィンランドのヘルシンキで宅配の試験飛行を始める予定。

同社によると、無人機を使った配達が歩行者に危害を及ぼすリスクは、車で行う場合より低いことがデータで示されたという。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2019-12-5

    短期集中連載 最終回 ポジティブ皮膚科学・応用編 パワーエリートをつくるための「皮膚科学×スポーツ科学」

    私の第一の専門は皮膚科学で、第二の専門はスポーツ科学です。「皮膚科学×スポーツ科学」という新...
  2. 2017-2-1

    MUJIの商品で社会に役立ち 生活を快適にするお手伝いを

    NY旗艦店の手応え  五番街にあるニューヨークの旗艦店はおかげさまで非常に好調ですね。...
  3. 2013-6-20

    シリーズアメリカ再発見⑫ 南北戦争150周年 ゲティスバーグ~モンティチェロ 霊場街道をゆく

    To Gettysburgゲティスバーグへ  ペンシルベニアの東南端から、メリー...
  4. 2016-3-25

    流行の兆し!「テマケリア」ブラジル発の手巻き寿司、ミツカンおすすめレシピも紹介

    テマケリア。一度聞いたら忘れられない、コケティッシュなネーミング。ブラジル生まれの「手巻き寿司ファス...
  5. 2018-6-1

    山にシティに魅力の宝庫コロラドは、 美しい。

    あれもこれも楽しめる 進化し続ける都市・デンバー ロッキー山脈は、北米大陸を約300...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る