FAA、ドローン宅配を初認可 ~ アルファベット傘下ウィング

連邦航空局(FAA)は23日、アルファベット傘下のウィング・アビエイション (Wing Aviation、テキサス州拠点)にドローンを使った宅配サービスを年内にバージニア州で開始する認可を与えた。

航空事業者としてドローンによる商業輸送を認められたのは同社が初めて。

ロイター通信によると、ウィングは同州ブラックスバーグで、地元企業などから住宅に向けた商品の宅配サービスを年内に始める予定。同社は運輸省の無人航空機システム統合パイロットプログラムを通じて、バージニア工科大学および同校の無人航空機試験場「ミッドアトランティック航空パートナーシップ」と提携している。

FAA認証は2年間有効。パイロット1人が一度に最大5機のドローンを操作できるが、危険物を運んだり、人の上空で静止することはできない。

FAAは、ウィングが幅広いデータと書類、そしてオーストラリアで行った何千回もの飛行実験によって当局の安全基準を満たしていることを証明したと説明した。 ウィングは、食料品宅配の試験を始める前に地域住民の意見を聞き、営業に役立てる方針だという。

ウィングは最近、オーストラリアのキャンベラ北部でドローンによる宅配サービスを開始した。欧州でも、フィンランドのヘルシンキで宅配の試験飛行を始める予定。

同社によると、無人機を使った配達が歩行者に危害を及ぼすリスクは、車で行う場合より低いことがデータで示されたという。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  2. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  3. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  4. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  5. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  6. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  7. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  8. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
ページ上部へ戻る