フェイスブック、米国内契約従業員の最低賃金を引き上げへ ~ 3都市で20ドル、シアトルで18ドル

フェイスブック(Facebook)は米国内のすべての契約従業員(派遣社員)の最低賃金を地域ごとの物価に応じて引き上げる方針を発表した。  ロイター通信によると、サンフランシスコ湾岸地域とニューヨーク市、ワシントンDCでは時給20ドルに引き上げられ、ワシントン州シアトルでは18ドルに引き上げられる。現行の最低賃金は時給15ドル。

同社は、それらの都市での物価上昇を受けて、現行の時給では一般的な生活ニーズに不十分だと説明している。

最低賃金は、同社が第三者業者を通して雇っている料理人や清掃者、警備員、運転手らに適用される。たとえば、社員食堂で働いている人たちは、フェイスブックによって直接雇われたわけではなく、請け負い業者らとの契約によってフェイスブックに派遣されている。

同社はまた、フェイスブック・サイト上のコンテントを監視する担当者らの最低賃金もサンフランシスコ湾岸地域とニューヨーク市、ワシントンDCで時給22ドル、シアトルで20ドル、それ以外の米国内都市部で18ドルに引き上げる。

同社が最低賃金を時給15ドルに引き上げたのは2015年。今回の引き上げは2020年中盤までに実行される見通しだ。

【https://www.reuters.com/article/us-facebook-wages/facebook-raises-minimum-wage-for-us-contract-workers-to-20-hour-idUSKCN1SJ1TQ】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-8-1

    必勝ガイド 就職&転職

    2017年の米国就職市場 US JOB MARKET  就職活動と一口にいっても、日...
  2. 2016-9-4

    第40回 ロールモデル

    8年前の11月4日、珍しい雨の朝、私は近所の家の車庫に設置された投票所に行った。初めて手にした選挙権...
  3. 2018-1-2

    TOPIC 今年こそスリムダウン 過食を阻止する6カ条

    2018年、今年こそダイエットを成功させたいと願う読者のために、「過食しないための秘訣」をお届け...
  4. 2016-5-29

    [お知らせ]「極苦楽ライフ」が本になりました! 樋口ちづ子「花だから咲く」幻冬舎刊

     フロントライン誌で「極苦楽ライフ」を好評連載中の樋口ちづ子さんが、本を出版しました! タイ...
  5. 2017-8-1

    寿司ロボットを米国へ 市場に眠る600億ドル分のチャンス

    出発点はレコード針 AUTECの出発点は、東京の町田にあるAudio Tech...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る