EVにはベンチシートが合う?

アウディの「AI:me」、インフィニティの「QXインスピレーション」といったコンセプトEVの内装では、平らな床を最大限に利用してベンチシート型の座席を配したリビングルームのような空間にしている。

ロイター通信によると、EVにはガソリン車で必要なエンジン、冷却装置、減速装置といったスペースがなくなるため、設計の段階から広い車室の利点を活用できる。EVではバッテリーが床下に平らに並べられるため車台はスケートボート型になる。

小型乗用車「AI:me」と、SUVの「QXインスピレーション」の床はいずれも平らで、後部にソファのようなシートを配置できるゆとりがあり、足元の空間や荷物室も大きく取れる。

エンジン車には付き物の床の中央を貫くトンネル(ドライブシャフトや排気装置を収容する隆起)がEVにはないため、前後の座席で中央に余裕が生まれる。インフィニティの設計責任者カリム・ハビブ氏はロイターに、古き良き時代の米国車を思わせる「ベンチシートの復活」の可能性も指摘した。EVの平らで少し高い床によって、搭乗者は横にずれることも簡単になる。「ゆったり座って足を組んでもいいし、足を伸ばすこもできる」。

アウディ中国部門のトーマス・オウシャンスキー氏は、「AI:me」が小型車であるにもかかわらず「空間の最大限の快適さ」を提供すると強調しながら 「AI:meはコンパクトだが小ささを感じさせず、高級なモビリティを表現している。車はリビングルームの延長になりつつある」と述べた。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る