商用ドローン、FAAの予想を大幅に上回る ~ 2023年までの5年間に3倍に増加か

連邦航空局(Federal Aviation Authority=FAA)は最近、無人航空機(ドローン)に関する見通しや現在の動向に関する調査結果を公表し、ドローン需要が予想をはるかに上回ることを明らかにした。

エンギャジェット誌によると、非商用ドローンは2018年に170%増を記録し、44%というFAAの予想を大きく上回ったことから、FAAでは当初の予想を上方修正するとともに、商用ドローンの需要も予想をはるかに上回ると報告した。

FAAに登録された商用ドローンの数は現在、27万7000機。個人向け(非商用)の登録ドローンは約125万機で、その数は2023年までに140万機に増えると予想される。

商用ドローンの登録数は2023年までに83万5000機に増える見込みで、2023年までの5年間に3倍に増えると予想される。FAAは当初、2022年の商用ドローン登録数を45万2000機と見込んでいた。

FAAによると、商用ドローンの活用や試験運用の申請または登録数は2018年に激増した。また、FAAでは、2017年と2018年での大幅成長が続かないと予想していたが、現在、それを修正し、2023年まで大幅成長が続くと予想する。

アルファベット(Alphabet)傘下のドローン新興企業ウィング(Wing)は4月に、ドローンによる配達サービスに関する米国内初の事業許可を取得した。ドローンを使った配達サービスについては、UPSもすでに申請しており、現在、医薬品の配達にドローンを試験運用している。

配達以外の商用ドローン用途には、写真や動画の撮影、産業施設や土地の検査、パイロットの訓練がある。FAAは2018年に、11万6000人の新たなドローン操縦士を登録し、その数は2023年までに35万人に増えると予想する。

【https://www.engadget.com/2019/05/06/commercial-drones-are-way-more-popular-than-the-faa-expected/】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る