商用ドローン、FAAの予想を大幅に上回る ~ 2023年までの5年間に3倍に増加か

連邦航空局(Federal Aviation Authority=FAA)は最近、無人航空機(ドローン)に関する見通しや現在の動向に関する調査結果を公表し、ドローン需要が予想をはるかに上回ることを明らかにした。

エンギャジェット誌によると、非商用ドローンは2018年に170%増を記録し、44%というFAAの予想を大きく上回ったことから、FAAでは当初の予想を上方修正するとともに、商用ドローンの需要も予想をはるかに上回ると報告した。

FAAに登録された商用ドローンの数は現在、27万7000機。個人向け(非商用)の登録ドローンは約125万機で、その数は2023年までに140万機に増えると予想される。

商用ドローンの登録数は2023年までに83万5000機に増える見込みで、2023年までの5年間に3倍に増えると予想される。FAAは当初、2022年の商用ドローン登録数を45万2000機と見込んでいた。

FAAによると、商用ドローンの活用や試験運用の申請または登録数は2018年に激増した。また、FAAでは、2017年と2018年での大幅成長が続かないと予想していたが、現在、それを修正し、2023年まで大幅成長が続くと予想する。

アルファベット(Alphabet)傘下のドローン新興企業ウィング(Wing)は4月に、ドローンによる配達サービスに関する米国内初の事業許可を取得した。ドローンを使った配達サービスについては、UPSもすでに申請しており、現在、医薬品の配達にドローンを試験運用している。

配達以外の商用ドローン用途には、写真や動画の撮影、産業施設や土地の検査、パイロットの訓練がある。FAAは2018年に、11万6000人の新たなドローン操縦士を登録し、その数は2023年までに35万人に増えると予想する。

【https://www.engadget.com/2019/05/06/commercial-drones-are-way-more-popular-than-the-faa-expected/】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 今年、UCを卒業するニナは大学で上級の日本語クラスを取っていた。どんな授業内容か、課題には...
  2. ニューヨーク風景 アメリカにある程度、あるいは長年住んでいる人なら分かると思うが、外国である...
  3. 広大な「バッファロー狩りの断崖」。かつて壮絶な狩猟が行われていたことが想像できないほど、 現在は穏...
  4. ©Kevin Baird/Flickr LOHASの聖地 Boulder, Colorad...
  5. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  6. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  7. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  8. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
ページ上部へ戻る