商用ドローン、FAAの予想を大幅に上回る ~ 2023年までの5年間に3倍に増加か

連邦航空局(Federal Aviation Authority=FAA)は最近、無人航空機(ドローン)に関する見通しや現在の動向に関する調査結果を公表し、ドローン需要が予想をはるかに上回ることを明らかにした。

エンギャジェット誌によると、非商用ドローンは2018年に170%増を記録し、44%というFAAの予想を大きく上回ったことから、FAAでは当初の予想を上方修正するとともに、商用ドローンの需要も予想をはるかに上回ると報告した。

FAAに登録された商用ドローンの数は現在、27万7000機。個人向け(非商用)の登録ドローンは約125万機で、その数は2023年までに140万機に増えると予想される。

商用ドローンの登録数は2023年までに83万5000機に増える見込みで、2023年までの5年間に3倍に増えると予想される。FAAは当初、2022年の商用ドローン登録数を45万2000機と見込んでいた。

FAAによると、商用ドローンの活用や試験運用の申請または登録数は2018年に激増した。また、FAAでは、2017年と2018年での大幅成長が続かないと予想していたが、現在、それを修正し、2023年まで大幅成長が続くと予想する。

アルファベット(Alphabet)傘下のドローン新興企業ウィング(Wing)は4月に、ドローンによる配達サービスに関する米国内初の事業許可を取得した。ドローンを使った配達サービスについては、UPSもすでに申請しており、現在、医薬品の配達にドローンを試験運用している。

配達以外の商用ドローン用途には、写真や動画の撮影、産業施設や土地の検査、パイロットの訓練がある。FAAは2018年に、11万6000人の新たなドローン操縦士を登録し、その数は2023年までに35万人に増えると予想する。

【https://www.engadget.com/2019/05/06/commercial-drones-are-way-more-popular-than-the-faa-expected/】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2019-2-4

    米国大手会計士事務所・所得税担当者監修 個人所得税申告書の作成ガイド2018

    本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040」を自...
  2. 2015-6-20

    ディズニー・クルーズライン バハマ4泊の旅 前編

    クルーズの季節がやってきた! エンターテインメントやサービスの質の高さに定評がある、ディズニー・クル...
  3. 2017-6-2

    焼酎の時代の波に乗り遅れるな 「銀座のすずめ」でブランド確立

    六代目 大分県九重町の蔵元、八鹿酒造の六代目です。高校時代は剣道に明け暮れ、先...
  4. 2018-3-6

    最終回 闘う

     犬と人間の快適な生活のためにと7年5カ月休まず書き続けてきたこの「ドギーパラダイス!」も、...
  5. 2018-5-1

    お悩み解決! 健康食品・サプリ・日用品

    疲労回復 サトウ製薬 ユンケル 疲れを感じた時にググッと飲み干す日本ではお...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る