車は必要な時だけ使う時代に ~ 消費者、月額制に興味

クラウドベースのアフターセールス・サービス・ソリューション会社シンクロンは、月額制の車両貸し出し(サブスクリプション)サービスに対する消費者の関心を調査し、将来に向けた自動車メーカーの対応を考察した最新報告書 「Shifting Gears from Reactive to Proactive」を発表した。

■料金にすべて込み

オートノマス・ビークル・テクノロジーによると、車のサブスクリプション・サービスは、消費者が車を所有する以外に便利な移動手段を持てる比較的新しい方法の1つ。メーカーまたはサービス業者に一定料金を払うと、必要に応じて複数の車種を選んで乗れるようになる。月料金には保険料、維持費、路上での緊急対応費が含まれ、すでにBMW、キャデラック、ボルボ、ジャガー・ランドローバー、レクサス、メルセデスベンツ、アウディ、ジェネシスなどのブランドがサービスを提供している。

シンクロンは調査で、米国と欧州の自動車オーナー500人を対象に今のディーラーサービスに対する感想や意見、将来への期待を尋ねた。その結果、車のサブスクリプション・サービスの認知度はまだ低く、60%以上がサービスの内容をよく知らなかった。ただし、その概要を説明されると57%が強い興味を示した。

現在のディーラーサービスにはほぼ満足しているようで、約60%は整備や修理のために使っており、90%以上が直近のディーラーサービスを肯定的に評価した。サブスクリプションの最大の利点を尋ねると、約60%が月々の固定料金に維持費や修理費が含まれていることを挙げ、40%以上はサブスクリプション制のモデルに割高料金を払う意思があると答えた。

■将来のため今投資を

シンクロン報告書は、自動車メーカーは今サービスに投資して将来に備えなければならないと指摘する。回答者の過半数は、特定ブランドに愛着があるから車の購入を決めている訳ではなく、ディーラーのサービスが悪ければブランドの認識が変わるという人は約40%を占めた。ディーラー体験がこれまでにも増して重要になっているとも考えられる。

シンクロンのギャリー・ブルックス最高マーケティング責任者(CMO)は「自動車メーカーは将来の成功に向けた基盤を築くため、今後数カ月から数年で現在のインフラを最も適した形にする必要がある。多くの消費者がサブスクリプション制のサービスを求めるようになるのは時間の問題で、メーカーは故障する前に車を整備するという積極的なサービス方式を導入するため、今のうちにディーラーの準備を始めなければならない」と話している。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-11-3

    第19回 「足を使う町」

    自転車愛な町に ちょい乗りシステム 車に頼りすぎるアメリカでは珍しく、ポートランドは公共交通...
  2. 2017-9-2

    第52回 第九を歌う 

     昨晩、LAのダウンタウンにあるウォルト・ディズニー・コンサートホールでベートーベン...
  3. 2017-3-3

    これぞアメリカ?! 「The Founder」

    誰もが知ってるファーストフードの店マクドナルド。しかし、フランチャイズ化を成功させたのは、創...
  4. 2017-9-3

    第56回 日本のナチュラルワイン人気について

    日本は、フランス贔屓で有名な国だ。当然ワインといえば、フランスが唯一最高と信じる国粋主義者(...
  5. 2017-7-2

    アルツハイマーを知る

    診断と治療の問題点 認知症とは何か? 生後に正常に発達した諸々の精神機能が慢性的に減退すること...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る