米国人、新車にお金使い過ぎ〜収入に合った車種選定を

 分不相応に高い新車を買ったためにローン返済に苦しむ人が多いという調査結果を、金融情報サイトのインタレスト・コム(Interest.com)が発表した。

 USAトゥデイによると、調査は大都市圏25地区を対象に行われ、2012年の全米の中間所得は1世帯当たり5万7391ドルで、一般家庭が新車購入で使える費用はせいぜい2万806ドル(月々410ドル)と推定された。しかし、同年の新車平均価格は3万550ドル(月々601ドル)で、サイトの基準に従えば購入者の多くが無理な買い物をしたことになる。

 インタレストのマイク・サンテ編集長は「国民の多くが車に金を使い過ぎている実態が示された。しかし、自動車関連のコストは家計の中でも最も管理が可能な項目の1つだ」と話している。

 調査では、倹約を心掛ける家庭にとって新車はますます手の届かない存在になっていることも分かった。大半の中型ファミリー・セダンの場合、必要なオプションを含めると2万ドルを超える。中間所得が低い地域では、必要な水準にはとても及ばない最も安い新車しか買えない世帯もあるという。

 25地区のうち、余裕を持って新車が買えるのはワシントンDC(中間所得8万6680ドル)だけで、ローンの支払い上限は月額628ドルだった。2位のサンフランシスコ(2万6786ドル)は537ドル、10位のニューヨーク(2万1464ドル)は431ドルだった。

 妥当な新車価格の算出では、前金に総額の20%、ローンは4年以下、元利含めたローン返済額と保険費用が収入の10%以下…という「20/4/10ルール」を採用した。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る