サイバー攻撃、天然ガス導管網を標的に

 米国内の天然ガス・パイプラインを標的としたサイバー攻撃が発生し、専門家は中国軍が関与した疑いが強いという見方を示した。

 クリスチャン・サイエンス・モニター紙が米政府報告書の一部開示内容や消息筋の話として報じたところによると、中国軍と結び付きがあるサイバースパイは、2011年12月から2012年6月の半年の間に、米国内23ヵ所で国家安全を侵しかねない機密情報を盗んだ。

 国土安全保障省(DHS)によると、スパイはパイプラインを管理する主要人物宛に偽の電子メールを送り、悪意あるリンクや添付書類をクリックさせ、当該企業の通信網に侵入した。

 報告書は中国に言及していないが、調査したサイバーセキュリティ専門家は、攻撃に使用されたデジタル署名について、中国軍と関係する諜報活動グループに属していると特定した。

 専門家の間では、今回判明したサイバー攻撃がこれまで最も深刻な部類に入るという見方がある。盗まれた機密ファイルは、利用者名や暗証語から関係者リスト、操作マニュアルまで、サイバー侵入者がパイプラインを思いのままに管理する能力を与えるためだ。

 捜査するサイバー緊急事態対応チーム(ICS-CERT)の消息筋によると、ハッカーは入手したデータを通じ、コンピュータで管理されるシステムをリセットした後に、過度のパイプライン圧力や不安全な弁設定で妨害し、爆発といった故障を引き起こすことができる。

 サイバー攻撃の専門家であるジョン・バムガーナー氏は、「天然ガス・パイプラインは米国の死活的な基幹設備リストのなかでも上位にあるので、攻撃の標的になるのは当然」と語った。

 関与が疑われている犯罪グループはこのほど、世界141企業を標的にした攻撃を調べたサイバーセキュリティ企業の米マンディアント(Mandiant)によって、上海にある12階建てのビルを根城にする「Unit 61398」と特定された。

 中国政府はサイバースパイと軍の関係を否定している。

 これまでのところ、パイプラインが妨害された形跡はみられない。専門家によると、エネルギー需要が急増する中国は、シェール(頁岩)から天然ガスを抽出するフラッキング(水圧破砕)の技術に関心を示している可能性がある。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る