エクイファックス、最大7億ドルの制裁金を支払いへ ~ 大規模個人データ流出問題で和解

消費者信用情報大手エクイファックス(Equifax)は22日、2017年に起きた大規模の個人データ流出をめぐり、連邦政府ならびに複数の州政府に最大7億ドルを払うことで和解した。連邦政府機関の消費者金融保護局(Consumer Financial Protection Bureau =CFPB)が明らかにした。

ロイター通信によると、同社は2017年にサイバー攻撃を受けて、約1億4700万人分の消費者の氏名や住所、社会保障番号を含む個人データを流出させた。CFPBは調査の結果、同社のサイバーセキュリティー対策が不十分だったと断定。また、一部の州政府では、州司法長官を原告代表として同社に対する集団訴訟をまだ続けているところもある。

今回の和解成立によって、同社は、1億ドルの民事制裁金をCFPBに払い、計1億7500万ドルを48州とワシントンDC、そしてプエルトリコの自治体に払う。

同社はまた、データ流出によって影響を受けた消費者に一人あたり2万ドルまで補償する最大4億2500万ドルの基金を設立し、データ漏洩に対応するためにお金や労力、時間を費やした人たちを補償する。

同社は、銀行を中心としたクレジット・カード発行会社から消費者情報を集めて個々の信用評価を点数化し、融資サービスやクレジット・カード・サービスを提供する会社向けに消費者信用点数報告サービスを提供する3大信用情報会社の一つ。

【https://www.reuters.com/article/us-equifax-cyber-settlement/equifax-to-pay-up-to-700-million-in-u-s-data-breach-settlement-idUSKCN1UH16Y】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-5-1

    ビジネス買収時に確認要! E-2ビザ申請の要件を満たさない 事業買収に注意

    アメリカでビジネスや会社を買収し、E-2ビザを申請するケースがよく見られます。しかし、ビジネ...
  2. 2019-6-5

    第68回 好きなこと

    美しいものは、私たちを慰めてくれる。揺れる気持ちを静めたい時は、私は好きな1曲を聴く。バイオ...
  3. 2018-12-13

    Tajima America Corporationアメリカのビジネスは、今

    多頭式刺繍機の総合メーカーTajima America Corporationのプレジデント富永稔さ...
  4. 2020-2-5

    食育活動でアメリカに貢献 家族の絆、ヘルシーな生活をサポート

    食に関心を持ったのは こどものアレルギーから 私には息子が2人おり、次男はピーナッツアレルギ...
  5. 2017-3-3

    第1回 「1世紀に1度の皆既日食」 ケンタッキー州

    皆既日食のベスト観測ポイント アメリカにいてお休みの旅先を検討するのに、なかな...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る