オークランド市、行政府による顔認証利用を禁止 ~ 米国内3都市目、人種偏見懸念に対応

カリフォルニア州オークランド市議会は23日、市警を含む市行政機関による顔認証技術の活用を禁止する法案を全会一致で可決した。同様の条例を可決した自治体は、サンフランシスコとマサチューセッツ州サマーヴィルについで米国内3都市目。

サンフランシスコ・クロニクル紙によると、オークランド市議会のレベッカ・キャプラン議長は、現行の監視条例を改正することで、市政府が顔認証技術を使うことや同ソフトウェアによって入手できる情報を使うことを禁じ、市民のプライバシー保護を徹底することが重要だと強調した、同条例は、同氏によって提案された。

マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディア・ラブ(Media Lab)が2018年1月に発表した研究調査によると、顔認証ソフトウェアでは肌の色の濃い女性について最大35%の誤認が起きる。

また、米国では1億1700万人が法執行機関(FBIや警察)の顔認証データベースに登録されている、とジョージタウン大学が2016年に発表している。それによると、顔認証技術は、アフリカ系米国人(黒人)に不釣り合いに不利に働く。MITメディア・ラブの調査結果とも符合する。

そのため、警察が顔認証ソフトウェアに依存すると、たとえば黒人やヒスパニック系の市民を誤認拘束または逮捕する危険性が高まり、特に女性がその被害にあう可能性が高いと懸念される。

【https://www.sfchronicle.com/bayarea/article/Oakland-bans-use-of-facial-recognition-14101253.php】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-11-1

    ビールメーカー 4000社超の激戦時代 海外ブランドにも 大きなチャンス

    サッポロビール志望の動機と 入社当時の思い出 学生時代、セールスプロモーションやマーケティン...
  2. 2017-5-3

    第52回 ロゼワインの快進撃が止まらない!

    昨年「ワイン業界の、次のホームランは何か?」という題名で記事を書いたが、その時に人気のロゼワ...
  3. 2017-4-2

    米国での日本食の在り方は 今後10年でさらに変わる

    金融から食の世界へ  西本Wismettacグループに参画し、今年で7年目となります。...
  4. 2017-9-1

    Howdy Y’all !!!

    HOWDY!!! 通年を通して過ごしやすいCAと違い、こちらダラスは9月になっても秋の雰囲気...
  5. 2016-12-1

    知っておきたい基本情報 アメリカの保険

    万が一に備え十分な補償額を 自動車保険  公共交通機関が整備されていない地域もあるア...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る